きみがいた時間 ぼくのいく時間 (CARAMEL LIBRARY)

著者 :
  • 論創社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846009656

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2010年12月13日読了。演劇集団キャラメルボックスで2008年に上演された『きみがいた時間 ぼくのいく時間』と2010年に上演された『バイ・バイ・ブラックバード』を収録した戯曲集。
    『きみがいた時間 ぼくのいく時間』は梶尾真治さん原作の同名小説を舞台化した作品。
    舞台も観ましたし、原作もDVDも持っているので内容は分かっているのに、やっぱり泣けました。
    『きみがいた時間 ぼくのいく時間』も良かったのですが、本来の目的は併録された『バイ・バイ・ブラックバード』。
    今年の春に舞台を観て、その世界に惚れ込み、脚本でも小説でもいい、ぜひ文章になったものに触れてみたいと思っていました。
    コスタ症候群という病で記憶を失ってしまった人たちとその家族の再生の物語。
    記憶を失ってしまった本人にも、家族たちにもそれぞれの想い、思惑があって、その中で焦りや足掻き、葛藤が生じます。
    でも、すべては「守りたい」という思いから。
    そして。主要人物以外にも「それはまた別の話」的なサイドストーリーが見え隠れしていて、そこがまたイイと思ってしまいます。
    脚本読んで、また観たくなりました。早くDVD発売にならないかなぁ。

全1件中 1 - 1件を表示

成井豊の作品

ツイートする