狂った殺人 (論創海外ミステリ)

制作 : Philip MacDonald  鈴木 景子 
  • 論創社
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 23
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846013202

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 警察小説

  • ミステリ。サスペンス。警察。
    今となってはオーソドックスな警察小説。
    少なめのページ数と展開の早さで、スンナリと読めるのが良い。
    サラッと終わる結末が物足りない点は短所か。
    凶悪な連続殺人でありながら、犯人の犯行動機に言及しないというのは、謎が残ってしまってモヤモヤする。そこはタイトルのように「狂っていた」ということなのか?

  • ライオネル・コルビー少年の殺害をキッカケにホームデイルで起きる連続猟奇殺人事件。ブッチャーと名乗る犯人から送りつけられる手紙。スコットランドヤードのパイク警視の捜査。手紙から犯人を追い詰めようとする警視。

  • 2014/05/02読了

全4件中 1 - 4件を表示

フィリップ・マクドナルドの作品

ツイートする