朝日のような夕日をつれて 21世紀版

著者 : 鴻上尚史
  • 論創社 (2014年8月発売)
4.50
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846013561

朝日のような夕日をつれて 21世紀版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 劇団第三舞台の最初の作品  の21世紀版♡
    舞台をみた後は、本も必ず読みました。
    主宰する鴻上さんの手書きのごあいさつを椅子に座って読んで待っているあの幸せをいまでも忘れられません。
    なにを問題提起すべきかいつもちゃんと考えろ!といわれているようにいつも感じていました。役者さんのピアニシモがひびく熱が伝わるたくさんの舞台が大好きでした(DVD集のVintage Boxはアマゾンになくまだ持っていないので買うのが夢♡)

  • 捉えどころがなくて、雲の中を歩いているような感覚。読んでいて不安になってくる。言葉は次から次へとたくさん出てくるのに霧のように拡散していくよう。と思うと、ところどころに鋭く光るナイフのような一行があったりして。一度読んだだけじゃわからない。これを舞台で役者さん達が演じるとどんなリアリティーが生まれるのか観てみたい。

  • 福岡公演千秋楽を思い出しながら、読んだ。
    意味を理解するには何回も読む必要がありそう。
    言葉の響きや役者の言い回しを思い出すだけで、ワクワクする。

全3件中 1 - 3件を表示

鴻上尚史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

朝日のような夕日をつれて 21世紀版はこんな本です

ツイートする