鈴木書店の成長と衰退 (出版人に聞く)

著者 :
  • 論創社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846013608

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  僕も大変お世話になった鈴木書店の創業から倒産まで。僕がお世話になっていた80年代から90年代前半、それでも結構な取引があったと思うんだけど、鈴木書店の全盛期は60年代後半だったという。80年代にはもう既に後退期にはいっていた。そんな感じはしなかったけど、最盛期にはマル経の強い大学には大月書店の箱入りの「資本論」セットが5〜600セット納品していた、というような話しを聞くと、確かに後退期にはいっていたんだろうなーとも思う。そして、今では、たぶん1セットも売れていないだろう。岩波書店の「日本古典文学大系」は30万セット売れたという。ところが、今でている新版は3000部らしい。1/100である。
     そんな時代だった、と片付けることは出来ない。つまるところ、鈴木書店の衰退、倒産は、教養を蔑ろにしてしまったこの国の施策の結果だったんだと思う。それは今に続くこの国の危機。
     書籍業界の半世紀を俯瞰できる良書。

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする