カクテルパーティ (論創海外ミステリ)

制作 : Elizabeth Ferrars  友田 葉子 
  • 論創社 (2016年3月発売)
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846015039

カクテルパーティ (論創海外ミステリ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 殺人事件はあっさりだが、登場人物たちの様々なバックグラウンドが絡み合ってなかなか面白かった。

  • 事件はシンプルで地味ですが、犯人は誰なのか、犯行は思惑通りだったのか想定外だったのかなど幾重にも重なった謎が魅力的ですし、登場人物たちがそれぞれ他人を犯人だと考える多重推理が披露され最後に探偵役が明かされる展開は緊張感があって面白いです。なかなかの秀作だと思います。

  • KL 2016.7.12-2016.7.17

  • 読みごたえ十分。数年前の「猿来たりなば」はもう一つピンとこなかったけど、これは好みのタイプのミステリだ。これってどういうことなの?と謎を追いかけてどんどんページをめくっていく快感があり、事の真相が明らかになってなお、心に訴えてくる余韻がある。

    苦い味わいではあるが、ことさらに人の暗部を暴き立てるような、いわゆる「イヤミス」ではない。どの人物も(「犯人」も含めて)複雑な存在として描かれ、ステレオタイプなわかりやすい人はいない。人物相互の関係は、揺れ動いていく危うさを含んだものとして丹念に描写される。この不安定な感じが、ストーリーテリングの推進力になっていると思った。

    主人公である元女優のファニーにおいて特に顕著なのだけど、ほとんどの人物が、他人からははっきり見えるのに本人には認めがたい葛藤や欠点を抱えている。そのことに強い印象を受けた。謎解きでスッキリ、とはならない読後感はここから来るのかもしれない。

  • 久しぶりのエリザベス・フェラーズ。ストーリーテリングが相変わらず巧い。原題"Enough to Kill a Horse"は「馬一頭を殺せる量の毒」ということだが、話はそんなに単純ではない。『カクテルパーティー』という邦題もちゃんと機能しておりGJ。苦いけれど味わい深い佳品。

全5件中 1 - 5件を表示

エリザベス・フェラーズの作品

カクテルパーティ (論創海外ミステリ)を本棚に登録しているひと

ツイートする