誰もがポオを読んでいた (論創海外ミステリ)

制作 : Amelia Reynolds Long  赤星 美樹 
  • 論創社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846015855

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ポー作品の見立て。連続する事件の操作を描きながらどこかコミカルで、サクサクと読める作品。その中でも事件の描写は生々しく、楽しさと恐ろしさの連続に飽きることなくページをめくることができました。 ストーリー自体もそれぞれの事件が繋がっているのか、いないのか、推論をいくつも重ねていて、事件の印象がころころと変わりました。全体的に楽しい作品です。

  • ポオの未発表手記をめぐる、ポオの作品に見立てた連続殺人事件。電話交換手がいたりと古きよき時代のミステリー。あまりすごいトリックがあったりではないが、なかなか面白かった。ただ、ポオの作品をあまり読んでいなかったので、見立てが今ひとつ理解できず、これを機に少し読んでみようかと思う。

  • タイトル通り、ポオの作品を題材にした見立て殺人ミステリ。……でも案外と雰囲気は軽くて、読みやすいのだけれどあまり怪奇な印象はありませんでした。ラストのあれはちょっと良かったけど。
    消えたポオの手稿をめぐる連続殺人。繰り返される見立て殺人。それほど大仕掛けのトリックはないものの、ちくちくと地道に論理的に詰めていくタイプのミステリ。しかし案外と真相にたどり着けませんでした。真相知った後では、まさしくこれって「盗まれた手紙」だったんじゃあ、と思いました。あからさますぎて疑いもしなかった……。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする