鮎川哲也探偵小説選 (論創ミステリ叢書)

著者 :
制作 : 日下三蔵 
  • 論創社
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846016036

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 遺稿『白樺荘事件』と、この改稿元ネタの『白の恐怖』。両方を収録して読み比べられる幸せよ。これがあれに今後どうアレンジされる筈だったのか、と考えながら読む。
    探偵絵物語も面白かった。
    編者解題の中で、2002年当時の、遺稿関連のあれこれについて書かれてますが、T京創元社のT川さんのトークショーで晩年の鮎川哲也の話を伺っていたので、それとクロスさせながら「ああ、なるほどなぁ」と、イロイロ胸にくるモノがありました。

  • 鮎川さんのレアな作品を集めた探偵小説選。
    この本の目玉は、鮎川さんの長編の中で唯一文庫化されていない『白の恐怖』と、未完の絶筆『白樺荘事件』が収録されている事だろう。『白の恐怖』は古書店やネット通販で数万円で売られ、幻の作品と言われていた物で、ファンは復刊を熱望していた。私は30年以上前に人から借りて読んだが、改めて読めたのは嬉しかった。尤も、内容は傑作とは言い難く、閉ざされた山荘での連続殺人という魅力的なシチュエーションが全く生かされていないし、トリックも二番煎じ。星影探偵は最後に取って付けた様に登場するだけ。私は今まで作者がこれを失敗作だとして文庫化にしなかったのだと思っていた。そうじゃなかった事が編者の解題に記されていて、その真相が分かったのは良かった。
    『白樺荘事件』の方は未完の上に推敲前であり、作品の体裁を成していない。こういう出だしの作品だったのか、と感じた程度だった。

  • 2017/08/14読了

全3件中 1 - 3件を表示

鮎川哲也の作品

ツイートする