加藤周一 青春と戦争『青春ノート』を読む

著者 :
  • 論創社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846017484

作品紹介・あらすじ

加藤周一の「青春ノート」が発見された。17歳の1937(昭和12)年から1942年の開戦に至る時代を反映した未公開ノートで、加藤の元編集者で立命館大学の鷲巣力はこれについてNHKのプロデューサー塩田純に声をかけた。それによってディレクター渡辺考が、鷲巣とともにこの「青春ノート」を学生たちに読ませるというドキュメンタリー番組を作成した。/これまでも『加藤周一を読む』(岩波書店)、『「加藤周一」という生き方』(筑摩書房)などの著書がある鷲巣力と、『戦場で書く~火野葦平と従軍作家たち』、重松清との『最後の言葉』、『自らの言葉で立つ~思想家・吉本隆明」(NHK・戦後史証言プロジェクト)などすぐれた番組づくりを行い、そのいくつかを書籍化している渡辺考が、このドキュメンタリーに基づきつつ、加藤にとっての戦争、そして著作との関係を含めて提示する書籍。現代に加藤の著作と思考の軌跡、さらに「戦争の時代」を問う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 加藤周一のその後の思索の原点となる青春時代のノート8冊を大学院生や関係者が読み解いてゆき、それをNHKディレクターが取材する。
    親友を死に追いやった戦争への憎しみと平和への強い思いが今日の若者らによって読み進まれてゆく。
    憲法9条の理想を改めて感じさせる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1966年東京都生まれ。テレビディレクター、作家 。早稲田大学政治経済学部卒。
1990年NHK入局、ETV特集、NHKスペシャルなどを担当し、手がけた番組でギャラクシー賞選奨、放送文化基金賞、橋田賞などを受賞。映画「father」を監督。

「2020年 『まなざしの力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺考の作品

加藤周一 青春と戦争『青春ノート』を読むを本棚に登録しているひと

ツイートする
×