プロブレムQ&A 戸籍って何だ―差別をつくりだすもの

著者 :
  • 緑風出版
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846102081

作品紹介・あらすじ

戸籍制度は他の国にもありそうだが、本当はまったく違うもので、日本独特のもの。その戸籍も謄本や抄本をとった経験があっても、案外、くわしいことは知らないのが普通だ。ところがよく見ると、婚外子差別から外国人登録まで、差別と人権侵害の根元であることが分かってくる。戸籍研究家と知られる著者が、戸籍の生い立ち、歴史から現在の問題点、住民基本台帳ネットワークや国民背番号制までをやさしくQ&Aで解説する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本2010年に増補版が出てるんだけど、わたしはそれが出る前に買ってしまったので、法律の内容的に古い部分がいくつかあると思う。なので書いてあることを全部信じるわけにはいかないのだけれど。。本を読んだ感想ってのもあんまりないんだよね、、ないというか、いろいろ複雑にあり過ぎるというか。基本、今の日本では「入籍」できない身なので、どこか「関係ない」ような気がしちゃってねえ。とはいえ、いろいろな人がいて、ある一定の人に不利益を与えるようなシステムであることは確かでそれは問題があると思う。附票に書いてある出生地などで差別されるのは以ての外だと思うが、血統主義とか婚外子差別とかはまた戸籍とは別問題だと思うのよね、、戸籍があるから婚外子差別されるわけではないわけで。だからといって戸籍は必要なものとも思わないし、不必要なものだとも思えなくて。。正直、分かんない、というところだったんだよね、この本読んでも。

  • 恥ずかしながら知らないことがたくさん書かれていて自らの無知さに驚かされた。プライバシーは積極的に守らなければならないことと、差別はなくさなければならないと強く思った。

  • やっと仕事で最小限必要なことを知ることができました…。

  • 日本の戸籍が、いかに差別を作り出しているのかがよくわかった。在日外国人や女性の方にはおすすめ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

フリーランス・ライター、戸籍研究者。
1948年、東京・日野に生まれる。1969年から3年間、自治体(東京都新宿区役所・戸籍係)に勤務。1972年から現職に。
この間、グループ社会派(ライター・グループ)に加わり、冤罪事件や管理教育などの社会問題を中心に執筆活動を行うとともに、戸籍制度、外国人登録制度などを研究。女性や子ども(1979年、私生子差別をなくす会結成)、外国人の権利(1982年、韓さんの指紋押捺拒否を支える会を結成)をめぐる運動に参加。多くの著書を発表している。
代表作はFOR BIGINNERSシリーズ『戸籍』(1981年現代書館)。最新作は『ウーマンリブがやってきた』(2010年インパクト出版会)。そのほかの著作に『〈くに〉を超えた人びと』(1997年社会評論社)、『個人情報を守るために』(2001年緑風出版)、『未完の「多摩共和国」』(2005年凱風社)。
編著としては、『ひとさし指の自由』(1984年社会評論社)、『指紋拒否者が裁いたニッポン』(1990年社会評論社)、『ストップ!個人情報ホゴ法』(2001年現代人文社)。
このほか大阪人権博物館に指紋押捺運動関係の初期資料を提供している。

「2010年 『知っていますか?戸籍と差別一問一答』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤文明の作品

ツイートする