なぜ脱原発なのか?―放射能のごみから非浪費型社会まで (プロブレムQ&A)

著者 : 西尾漠
  • 緑風出版 (2003年1月発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 13人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846102210

作品紹介

暮らしの中にある原子力発電所、その電気を使っている私たち、でもやっぱり不安…。なぜ原子力発電所は廃止しなければならないのか、増え続ける放射能のごみはどうすればいいのか、原発を廃止しても電力の供給は大丈夫なのか-原発に賛成のひとも反対のひとも私たちの暮らしと地球の未来のために、改めてこの問題をともに考えましょう。

なぜ脱原発なのか?―放射能のごみから非浪費型社会まで (プロブレムQ&A)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原発がなぜ「トイレのないマンション」といわれるのか?この本には明快に書いてある。
    それだけではない。原発の核燃料を再処理することの本当の怖さは何なのか、も考えさせてくれる。
    気の遠くなるような非現実的な「非科学的な」核のゴミ処理方法に対して、では、われわれがどんな社会を目指すべきかの提案も。

  • 原発反対派って、先見の明があったんだなぁ……って、いまさらだけど思う。
    今もまだ原発推進とか言ってる人いるけど、信じられない。豊かさのためには犠牲も必要だと言うけど、一体誰のための豊かさなのか。

  • 2003年に発行された本ですが、
    その当時読んでもたぶんよくわからなかったであろう
    原発関連の専門用語にも今はもうすっかりおなじみになり、
    読みやすかったです。わかりやすいかったです。
    書いてある内容に納得です。

全3件中 1 - 3件を表示

西尾漠の作品

なぜ脱原発なのか?―放射能のごみから非浪費型社会まで (プロブレムQ&A)はこんな本です

なぜ脱原発なのか?―放射能のごみから非浪費型社会まで (プロブレムQ&A)を本棚に登録しているひと

ツイートする