市民のための疫学入門―医学ニュースから環境裁判まで

著者 :
  • 緑風出版
3.29
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846103118

作品紹介・あらすじ

SARS、食中毒、タバコとがん、大気汚染とがん、環境汚染と人体への影響、薬害など、日々起こるさまざまな医学・医療事件…。事件発生を伝える医学・医療ニュースから裁判まで、争われる事件の原因と結果、つまり因果関係を考える学問が疫学である。疫学研究者として、さまざまな公害・環境裁判に関わってきた著者が書き下ろした本書は、疫学を一般向けにやさしく解説した格好の入門書であり、演習問題もついた実践的な書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 市民にとっては難しすぎだと思う。

  • 最初は疫学の丁寧な入門書という感じだったのに、終盤になると我慢が限界に達したのか、急に業界内外の様々な人々をdisり始めていて大変おもしろかった。こういう入門書をもっと読みたい。

全2件中 1 - 2件を表示

津田敏秀の作品

ツイートする