性同一性障害って何?―一人一人の性のありようを大切にするために (プロブレムQ&A)

  • 緑風出版
4.22
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846111014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016年1月新着

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:367.9||S
    資料ID:51400299

    性同一性障害とは何かを理解し、それぞれの生き方を大切にすることについて書かれている。
    (母性看護学領域推薦)

    ※2018年3月の「マイノリティを考える(1)セクシャルマイノリティについて」でも取り上げました。

  • [ 内容 ]
    戸籍上の性を変更することが認められる特例法が2004年から施行され、日本でも性同一性障害が社会的に認知されるようになった。
    しかし、いまだ誤解や偏見もあり、当事者をとりまく環境は厳しい。
    本書は性同一性障害とは何かを理解し、治療や性別変更の手順、また、現実社会で生活していくために、当事者やまわりはどうすればよいか、をQ&A形式でやさしく解説。
    入門書として定評の高いロングセラーに最新情報をプラスした増補改訂版。

    [ 目次 ]
    1 性同一性障害って何?(性同一性障害って何ですか?;性同一性って何ですか? ほか)
    2 性同一性障害の治療(性同一性障害と判断する基準は何ですか?;自分自身の性別に違和感を持つのはいつ頃からでしょうか? ほか)
    3 性同一性障害と生活・仕事(性同一性障害で差別を受けることはどのようなことですか?;家族や友人に対するカミングアウトはどうやってするのですか? ほか)
    4 性同一性障害と法律・社会(改名はどうしたらよいのですか?;性別適合手術をした人は、戸籍上の性別表記の訂正ができるのですか? ほか)
    5 終わりに(今後、社会や国に求めることはどういうことですか?)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 生々しい事も書いて有ったけど、性同一性障害の基礎知識が分かるからお勧めです!
    当事者や周りの人は特に読んだ方が良い一冊。

  • まだまだこれからの領域だ。
    自身の自由な選択がかなう住みよい社会はまだまだ先になりそうだ。

  • 立ち読み:2011/5/12

全6件中 1 - 6件を表示

性同一性障害って何?―一人一人の性のありようを大切にするために (プロブレムQ&A)のその他の作品

野宮亜紀の作品

ツイートする