熱帯雨林コネクション: マレーシア木材マフィアを追って

制作 : Lukas Straumann  鶴田 由紀 
  • 緑風出版
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846117191

作品紹介・あらすじ

ボルネオの熱帯雨林ほど美しいものはないという。その地球上で最も豊かな生態系を、マレーシア木材マフィアが独裁政権と手を握り、乱伐し、どのように破壊していったのか? 抵抗するリーダーや内部告発したものは抹殺され、先住民の森の民はブルドーザーに追われ、伝統的な生活手段を奪われた。そして今、木材マフィアは世界に残された森林を破壊している。
本書は、汚職と不正乱伐で肥え太り、マネーロンダリングで不動産投資に明け暮れるタイブ帝国の驚くべき実態を暴露する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東2法経図・開架 654A/St8n//K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ルーカス・シュトラウマン(Lukas Straumann)
1969年バーゼル近郊で生まれる。チューリッヒ大学で歴史学のphDを取得。
1996年発足の独立専門委員会(通称ベルジエ委員会)で主任研究員として第二次世界大戦中におけるスイスの中立性を調査した(2003年に報告書作成完了)。
フリーランスジャーナリストとして活動。著書にスイスの農業政策と化学産業について扱ったNützliche Schädlinge(2005年)がある。
現在、ブルーノ・マンサー基金エグゼクティブ・ディレクター

「2017年 『熱帯雨林コネクション』 で使われていた紹介文から引用しています。」

熱帯雨林コネクション: マレーシア木材マフィアを追ってを本棚に登録しているひと

ツイートする