援交から革命へ―多面的解説集

著者 :
  • ワニブックス
3.24
  • (1)
  • (2)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847013546

作品紹介・あらすじ

国家、郊外、自意識克服・タフネス獲得、性・風俗、サブカルチャー、社会学-解説を付した各作者のインタビュー、語りおろし企画「宮台真司 スピークスミヤダイ」を併せて収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 08019


    各方面へ書いた解説の寄せ集め。

  • 宮台さん一人で語るのははなはだ間違ってるのかもしれないけど、社会学者っていったんなんなんだろうって思ってしまう。言葉巧みさがやばい、もはやもどかしい。
    自らの性交体験も客観視?主観視?もうどっちか分かんない状態で話が進んでたり、援交も社会分析として行ってたり?(誤解があるかもしれないけど)。
    活動としては水面下で確実にある性行動だからこそ、人はそのブラックボックスを覘きたくなって、体験的にフィールドワークしてる宮台さんの話に興味がわいてるんだろう。実際読んでてもそんな感じで見てるし。彼らにとって人って何なんだろう。

  • いつまでも援交評論家じゃないぞ、とミヤダイ先生。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

社会学者。首都大学東京教授。著書に『日本の難点』(幻冬舎)、『どうすれば愛しあえるの 幸せな性愛のヒント』(二村ヒトシ共著/KKベストセラーズ)ほか多数。

「2017年 『子育て指南書 ウンコのおじさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮台真司の作品

ツイートする