リトルオルカ

著者 :
  • アップフロントブックス
4.40
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847015045

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ニコラの孫スノウと呼ばれるシャチのお話。お話なんだけど、スノウのおばあちゃんニコラなんてゆうのは、シャチ界の中では超有名な名前で、年老いた雌のシャチといえばニコラなので、想像がしやすい。内海に住みサケを食べるレジデントのシャチであるスノウが、あることをきっかけに外海へ。スノウの成長の描写なんてのは書いてる人もシャチなんじゃないのというほどリアル。レジデントやトランジェントなんて言葉はでてこないけれど、両タイプのシャチが出てきて、シャチの生態とかも知れてよい。冒頭にある「冒険心をかきたてる不思議な力に」というのが、読了まで残る。また、挿絵がふんだんに使ってあり、美しいカラー仕様なのも素晴らしい。海が好きで、シャチが好きで、物語が好きでってゆう人な自分にぴったりな本。

  • 写真家水口博也さんのシャチを題材にした叙事詩。実際にシャチと触れ合った人間だから書ける文章が随所にみられます。
    シャチって魅力的ですよね!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

水口 博也:1953年大阪生まれ。京都大学理学部動物学科卒業後、出版社にて自然科学系の書籍の編集に従事。1984年フリーランスとして独立。以来、世界中の海をフィールドに、動物や自然を取材して数々の写真集を発表。1991年「オルカ アゲイン」で講談社出版文化賞写真賞受賞。

「2018年 『世界で一番美しい ペンギン図鑑』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水口博也の作品

ツイートする