STAND UP!ノベライズ

  • ワニブックス
3.26
  • (5)
  • (5)
  • (25)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 67
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847015304

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • TBS系ドラマ「STAND UP!!」のシナリオをもとに小説化したものです。

    大好きだったんですよね,ドラマ版。高2の夏休み,戸越商店街を舞台に童貞の仲良し4人組が恋愛──主に性について──をテーマにドタバタ。保護者である町内会全体が不純異性交遊に厳しいから毎回大騒動になるって言うような内容です。

    ん~。著者が新人だったのかも。文章が若い。ドラマの雰囲気を大事にしたかったのかも知れないけど,ちょっとドラマ版に引きずられちゃって視点が定まらないかなぁ。

    勿論原作が好きですし,面白いのですが,やや公正の甘さを感じました。

  • 2010年2月23日読了。


    ドラマが面白く、読んでみた作品。


    DB4が可愛らしい。

    みんなが初体験を体験していくなか、チャンスがないDB4の焦りが特にかわいいです。


    夏らしい爽やかな作品です(読んだのは冬だけど)

  • 全員童貞な4人(ラスト4)が問題をかかえながら成長していく明るいえっちなお話。それぞれがはやく童貞を卒業したくあせっているがなかなかうまくいかない。幼い頃に転校していった幼馴染の突然の再会で話がさらにややこしくなる。結果誰も童貞を卒業することはできなかった。笑

  • 内容
    シャイで優しい薬局の息子・浅井正平(正ちゃん)。グループ内では唯一彼女アリの鉄道マニア・岩崎健吾(けんけん)。だまっていればカッコいい暴走キャラのAVマニア・宇田川隼人(うだやん)。クールで硬派だが女の子の前に出ると急にナルシストになってしまうサッカー部・江波功司(功くん)。彼ら4人は、とある商店街で一緒に育った現在高校2年生の幼なじみ。健全な性事情を抱えて、日々妄想に胸踊らせる17才の夏…。彼らに共通していること―それは“童貞”。4人の童貞クンたちのひと夏の純情・人情・ドタバタ・エロティック・青春ストーリー。

    感想
    ドラマが好きでこの本を読みました。
    童貞を捨てるために必死な感じがおもしろかったです。
    4人と千絵ちゃんの幼なじみな掛け合いがいいなと思いました。
    戸越みたいな商店街であんな4人いたら楽しそうです。

  • この本はとてもおもしろい本でした。
    ドラマも本も両方おもしろいです。

  • この本は前にドラマでもやっていて最初やっていたときは全くやっていたのも知らなかったのですが何年か前に再放送をしていたのがきっかけでこの作品を知りました。この時代はきっと嵐の二宮君以外みんなあまり名前が売れていなかったと思うのですが今となっては全員が有名若手俳優となっているので今では絶対揃わないくらい豪華なメンバーだなと思いました。この本の内容は男の子のメンバーの話なので下ネタも少しありますが、そこまででもないので普通に見いってしまう内容でした。

  • 夏らしく読みやすいです

  • とある商店街で一緒に育った高校2年生の幼なじみ4人。健全な性事情を抱えて、日々妄想に胸躍らせる17才の夏…。童貞クンたちのエロティック・青春ストーリー。TBSドラマ「STAND UP!!」のノベライズ本。

  • ノベライズ、好き。
    ドラマ見てなかったんだけどね。

  • 二宮和也主演
    童貞ボーイズの物語
    ラブコメ?

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

脚本家。東京都出身。1996年の『TOKYO23区の女』(フジテレビ)で脚本家デビュー。
映画、『電車男』(2005年/村上正典監督)、『陰日向に咲く』(2008年/平川雄一朗監督)、『ヘルタースケルター』(2012年/蜷川実花監督)、『高台家の人々』(2016年/土方政人監督)、『ボクの妻と結婚してください。』(2016年/三宅喜重監督)、『羊と鋼の森』(2018年6月公開予定/橋本光二郎監督)の脚本を担当。

「2018年 『小説 映画 となりの怪物くん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金子ありさの作品

ツイートする