もうひとつの冬のソナタ

制作 : うらかわ ひろこ 
  • ワニブックス (2004年9月3日発売)
3.32
  • (7)
  • (3)
  • (35)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :81
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847015694

作品紹介

『冬ソナ』作家が初めて書きおろした失われた3年間とその後のふたりの物語。未発表エピソード&写真が満載。

もうひとつの冬のソナタの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハマってた

  • 『COOL!AKJ48~アメリカ・韓国・日本を知る48冊~』
    <閲覧係より>
    「冬のソナタ」その後の二人の物語と、空白の3年間の秘密がついに明らかに!脚本家だからこそ語ることの出来るエピソードや、撮影現場のオフショットなど、気になる情報がたくさん載っています。
    -------------------------------------
    所在番号:778.8||KIU
    資料番号:20075473
    -------------------------------------

  • 冬のソナタのエピソードや未公開写真。
    TV放送後のストーリー?など。

  • 【図書館】2007/01/05/〜返却棚に置いてあったので目に付いた1冊。冬ソナは、友達からBSでの完全版放送の録画を見せてもらいました。

  • ユジンとチュンサンのその後のストーリーもあるけど、ドラマのままで終わった方が良いかも?

  • 読んだ日 2006.3 (借:熊本市東部図書館)

    冬のソナタのその後。

     

  • 冬のソナタを見終わって感動した人は、真っ先にこれを読むといいと思います。

  • 韓国ドラマ「冬のソナタ」の公式続編。
    と、いっても、続編部分は全体の3分の1程度で
    他はドラマ全体の開設や背景が描かれています。
    しかし続編部分はほんの少しだけ
    それぞれの人物の先が見えるような感じ。
    ドラマの続編としては物足りない気もしますが
    空白部分が埋められたと言う事ではすっきり感があります。

  • この本を読まれる方は、おそらく「冬ソナ」を本やTVで見た方だと思います。
    いろんな展開が繰り広げられる20話を、この本では1話1話エピソードを交えて解説されていて、今まで気付かなかった「冬ソナ」の奥のほうを知ったような気がします。
    そしてタイトルのように、チュンサンとユジンがこれからどうなるか、という事にも触れていて、実は僕もこれに一番興味を持っていました。
    絶対にオススメしたい本の1つです。「冬ソナ」をもっと知ってみませんか?
    (MYAmazonレビューより抜粋)

  • 2004/10/18〜読み始めました。

    ママ友から借りたのでちょっと急ぎ足でよんでしまいましょ〜!!

    〜2004/10/24読み終わりました。

    想像していた内容とは違ってました。
    「作家の苦労話集」と言ったところ??
    ま、舞台裏をのぞいてみたいひとはど〜ぞ〜ってカンジかな?

    読んでる最中頭のなかにはアノ冬ソナソングが流れてました。(笑)
    また、観たくなっちゃった♪(*^m^*) ムフッ

    翻訳本だからなのか、言い回しがギクシャクしててなめらかさはありません。
    それに違和感を感じるとずっと馴染めないままの本でしょ〜。

    でも冬ソナ好きは読んでもいいかもしれません。
    しかし、ワタシはこれから「秋の童話」を観る予定だったので
    結末を書かれてたのにはガッカリ(_ _。)・・・シュン
    ネタバレしてほしくないわ〜。
    ※ユン・ソクホ監督を語るところでネタバレ有です!要注意!

    個人的にはもっと俳優の事を書いて欲しかったな〜。

全11件中 1 - 10件を表示

キム・ウニの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする