首を治せば病気が消える

著者 :
  • ワニブックス
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847017193

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ■ 購入対象者

    ・自律神経失調症と診断を受けた方
    ・不定愁訴に悩まれている方
    ・しつこい肩こり・頭痛に悩んでいる方


    ■ 内容

    「首周辺の筋肉のコリ」が様々な不定愁訴を引き起こすという理論に基づいた書籍です。

    頚椎周辺の筋肉がこり、筋肉がカチコチに固まってしまう事によって脳への血液供給が不足し、酸素・栄養補給がうまく循環せず、同時に老廃物の回収も進まない。

    その結果として様々な不定愁訴が起こる、定着してしまうという理論です。

    携帯・パソコン・読書、と首を常に前屈みにする姿勢が多い現代社会において、今後も確実に増えてくるものだと思います。

    ただ、この「頚椎周辺筋理論」を構築された先生ゆえか、

    「首周辺の筋肉のコリが、全ての原因だったのだ」

    的な論調が目立つ内容です。※「全部が全部そうという訳ではない」と言うフォローも入っているのですが、文脈からは申し訳程度につけたように感じます。

    なので、

    ・「自律神経失調症」
    ・「うつ」
    ・「緊張性頭痛」
    ・「慢性疲労症候群」

    といった診断を受け、治療効果が思わしくない方が過度の期待を寄せるというのは避けた方が良いと思います。

    個人的には、今まで西洋医学の世界から弾かれていた手技の世界では「当たり前」の事だった頚椎周辺のコリの問題について、

    脳神経外科の著者の先生が臨床データを整理され、学会発表を行うまでの理論構築をされたという点において、非常に興味深かったです。

    結果的に、「非科学的だ」と言われていた手技療法の頚椎施術の理論を「科学的」に証明した事になると思います。

    なお、この本を書かれた先生は沢山の書籍を出されていますが、内容は殆ど同じものです。

    ですので、まとめて買われるとちょっと痛い目にあうかもしれません(笑

    (同)腰痛治療ナビ

  • 社長おすすめの本。最初はおもしろいかなぁと思っていましたが、なんだか、「○○したのは私が初めてです」とか、「こんな業績を残してきました」という表現が多すぎて、疲れてしまいました。もちろんすごい先生だということはわかりますが・・・。
    首を治すことで色々な症状が治るということには、目から鱗が落ちました。

    • 神戸元町「整体オガサワラ」さん
      確かに少々辟易してしまいますよね...。
      出版社の意向なのかもしれません。
      確かに少々辟易してしまいますよね...。
      出版社の意向なのかもしれません。
      2012/04/02
全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1967年、東京大学医学部卒業。脳神経外科医。アルバート・アインシュタイン医科大学で脳腫瘍研究ののち、ジョージタウン大学で世界初の全身用CTの開発に従事。日本中すみずみまでCTスキャナを普及させて、日本が世界一のCT保有国となるのに尽力し、脳卒中死を激減させた。また、野球におけるデッドボールの研究成果がもととなり、今の耳付きヘルメットの基準が決まるなど、耳付きヘルメットの完成・実用化をもたらす。帰国後、大阪医科大学助教授、帝京大学客員教授等を経て、現在、松井病院理事長、東京脳神経センター理事長を務める。78年に頚性神経筋症候群を発見。30年以上首の研究を続け、自律神経失調症の治療法を世界で初めて完成させた。著書は、『CT scan 診断のための脳解剖図譜』(医学書院、平野 朝雄共著国際出版文化大賞受賞)、『慢性疲労は首で治せる』(角川書店)、『不調の95%は「首」で治る!』(講談社+α文庫)ほか多数。

「2015年 『首は絶対にもんではいけない! 首は脳の一部、強くもむと不調を引き起こす』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松井孝嘉の作品

ツイートする