藤川球児 ストレートという名の魔球 (ヨシモトブックス)

著者 :
  • ワニブックス
3.63
  • (4)
  • (4)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847017520

作品紹介・あらすじ

日本タイ記録の46Sを記録した2007年シーズンを振り返り、その一球に込められた藤川球児の思いに鋭く迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイガース専門の記者、松下さんによる藤川投手のエッセイ本。
    松下さんが初めて藤川投手と会った時の事とか、イスンヨプ選手との対戦した時の心境など、新聞じゃ解らない事が書いてあって良かったです。

  • 阪神ファンたるもの、この本を読まないでどうする!
    ということで立ち読みしましたー(ぉぃ)
    もっと彼の内面に迫った内容かと思ったら、試合の回顧録みたいな感じで
    ん〜 かな。

  • 阪神ファン以外鉄板で興味ないであろう書籍!
    阪神タイガースの藤川球児投手のことを、スポーツ新聞の記者がじっくりねっとりと書いた本です。
    トラファンには結構有名な記者なんですが、いやーこの人はすごいよ。
    完全に選手になりきり、情感込めまくった文章を書かれます。
    うん、正直ちょっと恥ずかしいよ!
    でも阪神ファンには興味深い内容となっております。
    一番の見どころは、球児が中学時代に書いた作文!

  • 今まで読んだ中でもかなり感銘を受けた名書。
    阪神ファンでなくても野球ファンなら必読!?(俺は中日ファンです)

  • (2007/12/9)

  • 【No.11】「時には失敗することもあるよ。でも大切なのは、それをどれだけしっかり受け止められるか。失敗を忘れたら絶対に成功できない。成功していないヤツほど、それに気付かない」

全7件中 1 - 7件を表示

松下雄一郎の作品

ツイートする