ホームレス大学生

著者 :
  • ワニブックス
3.19
  • (12)
  • (17)
  • (55)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 200
レビュー : 50
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847018060

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半は「ホームレス中学生」の内容に沿って、その時自分はどんな気持ちだったのか、検証していくような内容だったが、
    最後自分の今の状態、それまでの生き方を振り返っての思いが書かれた部分はお兄ちゃんの気持ちが伝わってくるものがあって、なかなか良かった。
    今からでも遅くはない。
    お父さんも見つかったことだし、これから自分の人生を歩いていって欲しいと思う。

  • 一世を風靡した麒麟・田村裕のお兄さんの研一が、彼もまたホームレスになった大学生時代やその後を回想した一冊。

    弟同様、ホームレスになった1ヶ月の公園生活時代が出てくるが、それを彼の視点から書いている。
    またその後、弟と妹を支えなければという気持ちから、大学生ながらに様々な行動をするところは本当に頭が下がる思いだった。

    そして、最後に自分を見捨てた父親に再会したシーンは素直に感動した。

  • 「中学生」のほうを映画で観て、借り入れ。
    さすがに状況が整理されていて、わかりやすかった。本で読むならこちらだと、考えたとおりだった。

    Amazonレビューなどで異論も見たが、私はこのお兄さんはかなりの傑物だと思う。
    まず、良い意味で「家長」の自覚があったこと。未成年(19歳)の身で中学生の弟や、まして1つしか違わない妹を、「自分が支えるんだ」とかなり自覚的に行動している。妻も子もあるいい歳の、世間的にはご立派な仕事をしているオヤジにさえ、威張りくさるだけで振る舞いは「まるで大きな息子」といった男はいくらでもいるというのに。
    特に感動したのが、唯一の「女手」(いやな言葉だ)である妹に家事をさせなかったこと。受験生という事情もさりながら、「妹の友達は、親に家事をしてもらって勉強に専念できている。自分のことを自分でしなければならないだけでも、妹はすでにハンディを抱えているのだ」。なんと的確な現実分析だろうか。小学生の娘に亡妻の代わりをさせて恥じない父親失格者さえいる中で、わずか19歳の青年のこの認識は出色である。そして、「だから自分は家長として、妹を助けてやりたい。やらねばならないのだ」。
    こんなふうに考えてくれる「家長」なら、大歓迎だ。

    運にも人にも恵まれたからこその「ハッピーエンド」だとは思うが、それを引き寄せられたのも、両親も含めたこの一家が、真面目に誠実に生きてきたからだろう。そんなふうに思った。

    2015/7/6〜7/9読了

  • 麒麟の田村の『ホームレス中学生』を読まれた方も多いと思うが、その兄・研一は大学生でホームレスを経験する。ある意味、中学生よりも周りには頼れず、家長としての役割もあり、厳しかったのかもしれない兄のホームレス体験記。兄弟妹の絆と互いへの思いやりと、周囲への感謝であふれる。

  • ホームレス兄弟に興味を抱いていた時に出版された。お兄ちゃんの立場ではどうだったのか、期待を裏切らなかった。こうなるとお姉ちゃんは、どうとらえていたのか、ますます興味深いが、沈黙しているおねえちゃんもかっこいい。

  • 弟のパロティかと思ったら、お兄さんが書いてるのね!
    アナザーストーリー的な

  • 平成の時代に公園生活を経験し、決して楽ではなかったが僕たち3人はなんとか生きてこられた。このような温かい人たちに囲まれた僕たちが、不幸なはずがない。←こらえていた涙があふれてきてしまいます。

  • ホームレス中学生から兄目線の本。ホームレスだった話よりも家族愛の方が書かれています。素敵なお兄さんではないのでしょうか。

  • 家がある。素晴らしいことだ。

  • ホームレス中学生を読んだ時から、兄さんが一番大変だったんだろうなと思っていたので、興味があって読んでみた。 兄弟の仲良さと周りの大人の方々の支えがあったからこそ今があるのではないかと思う。

全50件中 1 - 10件を表示

ホームレス大学生のその他の作品

田村研一の作品

ツイートする