えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経 (ヨシモトブックス)

著者 :
  • ワニブックス
3.77
  • (41)
  • (66)
  • (53)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 511
感想 : 85
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847018251

作品紹介・あらすじ

M‐1グランプリ無冠の帝王、般若心経を完訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ブッタも笑う仏教の話が面白くて、チョイス。

    とにかくうんこが印象に残る…
    は、さて置いて。

    般若心経が楽しく学べる。
    無い、無い、からの空で難解なはずの般若心経。
    でも妙な例えで納得してしまう。

    般若心経がこんなに語りかける方式の内容だったなんて面白い。

    ブッタの発見。
    一切皆苦からの、諸行無常で、諸法無我からの、涅槃寂静。

    中道も興味深い。
    真ん中を行くって難しいけど大事。

    ぎゃてい、ぎゃてい。
    応援してくるんですね、菩薩様。



  • お笑い芸人の笑い飯・哲夫さんが般若心経をわかりやすく解説してくれます。
    なかなか手が出しづらいジャンルも、こういう形なら入りやすいなぁと。
    この世に存在しているものは一つもなくて、全てが一つの繋がりなんだという感じ。
    だから、悪いことしたら自分に返ってきますよーってね。
    面白かったです。

  • #読了 2022.4.28

    私は小さい時、父方の祖父母も一緒に住んでいて、4歳のときに祖父が、10歳のときに祖母が亡くなり、父は家や月一の墓参りの時など般若心経を読むようになった。なので、般若心経は聞き慣れている方だと思っていたけど、内容まで興味を持っていなかった。
    笑い飯哲夫さんが訳しているということで気になって読んでみた次第。

    「五蘊」を犬のウンコで例えつつ、それがすごく分かりやすいってのには笑ったww
    他の部分も分かりやすい例えを出して、飽きないように余談や冗談を交えながら説明してくれたので飽きずに一気に読み切ってしまった。これで般若心経を聴きながら何を言ってるかイメージできるなぁと思うと嬉しい。これを機に仏教についてももう少し理解を深めたいな。

    「物質的現象」についてはエヴァを思い出した。旧約聖書のみならず、まさか仏教も取り入れてたの?!

    ↓2009年出版だからしょうがないけどM-1優勝したから書き換えてあげてほしい〜。しかも無冠の帝王だったけど、優勝する前から普通に表の実力者だったよね。

    ◆内容紹介◆
    M-1グランプリへ毎年出場を果たしながら、無冠の帝王として君臨する、陰の実力者、笑い飯。笑い飯の哲夫、初の著書となる本書は、なんと般若心経本!「笑い」のフィルターを通した、哲夫オリジナル訳の般若心経です。関西学院大学哲学科で西洋哲学を学んだものの、物足りさを感じた哲夫がひかれたのが、般若心経。趣味は写経という哲夫が説く般若心経は、「慈悲」のこころと笑いの真髄を結びつけた画期的な一冊です。「えてこ(サル)でもわかる」、わかりやすさとおもしろさを兼ね備えた本書は、お笑いファンも、仏教初心者も、必読の書となっております。

  • 笑いを誘うタイトルですが、中身も半分は笑い。

    ただ、分かりやすく般若心経を解説してくれていることは間違いないです。
    プレゼンの勉強にもなります。

    262文字から成る般若心経を、楽しみながら理解したい人にはお勧めです。

    ちなみに般若心経といえば思い出すのが、伊丹十三監督の大病人のクライマックスシーンの般若心経です。

  • 芸人さんの本はつい手にとってしまうわたし。たいていは裏切られるのだけれど。。。
    これはかなりいけました。ちゃんと哲夫節で書かれてて、ちゃんと般若心経も分かる。笑えるし為になる。もちろん般若心経の意味なんて全く知らない私だから、この解釈があってるのかどうかも分からないけど、哲夫の独断だとしてもおもしろくて為になると思います。
    ほんまに良く分かるように書かれてます。すごい才能!この人がドラッカー訳したらもしドラより売れるんちゃう??

  • とても内容が分りやすいけど下ネタが多すぎる。でも笑えるところもある自分がくよくよしてちゃダメだと教えてくれるよ。

  • 彼のことめっちゃ尊敬した。
    「うんこ」ばっかり言ってたけど尊敬した。

  • とても分かりやすい般若心経。読みやすいし、ためになった。

  • すごく下品だけどすごくわかりやすかった。
    般若心経の内容は、すべてのものには実体がない、心にも実体はない、実体がないから苦しむこともない、ということが滔々と語られている。言ってることはシンプルだけど、咀嚼するのは難しいと思う。昔の人はこれで救われていたのだろうか。
    仏教は自己啓発的で哲学的で、自分の心が世界をどう捉えるかを考える宗教なのだなあ。

  • 蔵書(千葉1)
    新刊(千葉1)

全85件中 1 - 10件を表示

笑い飯哲夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×