豪放ライラック(1) (GUM COMICS)

著者 :
  • ワニブックス
3.45
  • (13)
  • (18)
  • (64)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 152
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847034725

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • GUMだけどいつもと作風はいつもと変わらず。流石桑田先生。

    リラちゃんたちも央司達もフツーの制服。本誌みたことないけどGUMなのに浮いてないのかな(偏見)

  • 女子寮コメディ。男女比率を逆転させた「男の華園」みたいなノリで、男性読者的にはたいへんオイシイ。しかし桑田乃梨子の良さをなんと表現したものか。例えば第5巻のエピソードからとると、恋愛がらみの嫉妬を受けていやがらせの対象になったヒロインが、そのことを知って落ち込むどころか「あたし、一方的に恋敵に認定されいわれのないいじわるをされるヒロイン? 今 人生の桧舞台?」と逆にウキウキして、周囲に呆れられるような。まあ、そんな感じ(?

  • めくるめく(ウソ)女子高ライフ!

  • 女子高で天然で兄想いだ!

  • こんな同級生がいたらヤだろうなあと思いつつ読んでいたり。かわいそうな部長が好きです。考えてみれば、これも百合モノ? 時代を先読みすげえぜくわたん!

  • 桑田乃梨子万歳!!脇役キャラ描かせたら天下一品のこの作者。これからの展開に目が離せません。

  • 借本

  • 女子高もの(しかも寮生活)だというのに、色気なし萌えなし、かといって生々しさもなし。
    キャラクター設定だってそれなりに美味しく萌えっぽくいじれそうなのに普通。

    一般的なニーズを分かっていてやっぱりすりぬける先生のいつもの味で、読みながらつっこみたいのにつっこめない作品になってます。どうしてこうコミック的な世界観ができるのか!

    この「ずらして何ものにも持っていかない」はある意味時間を止めている状態ですよね。
    そこから先にどんな展開にでも持っていける可能性をはらんでいてあえて進まない。
    どや顔な感じじゃなくて、そっちで行くには恥ずかしいみたいなかわし方が。

    不自由な自由。抑えられてるのに、開放感がある。なんだこれなんていえばいいんだ。

    それでいて散々ずらしてじらして置いてたまに出る直球に動揺させられる、このじらっしっぷりが「男の華園」より更にグレードアップしてます。

    着地点までの変化球が、別の展開で衝撃!に持って行くんじゃなくて、紙一重でかわして進むモラトリアムな感じが良いですよね…

  • 2008?〜2009.こんな感じの漫画が好きです。

  • 1巻以降未読

全21件中 1 - 10件を表示

豪放ライラック(1) (GUM COMICS)のその他の作品

桑田乃梨子の作品

ツイートする