火閻魔人 -鬼払い- 1巻 (ガムコミックスプラス)

著者 :
  • ワニブックス
3.64
  • (7)
  • (3)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 88
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847038419

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 過去作のセルフリメイクとのこと。過去作は未読です。ご存知の方は比べてみるのも良いかと。

    シリーズものだが、それぞれの話が独立した短編として十分面白い。
    鬼vs鬼払いのアクションよりも、人が鬼へと変わる過程を描いた話の方が印象に残った。余計なエピソードが差し込まれていない分、想像で補えるからかもしれない。

  • 1986年に出版された「火閻魔人」が大好きで書店に並んでいたこれを喜んで手にとりました。
    するとあまりの絵の変わりようにびっくり。そして内容は基本的なとこは変わっていませんが、なんだかイメージとかなり違っていてこれまたびっくりしました。懐かしい部分も多いのですが・・・

  • 絵が……、とか言われてるけど話はやっぱり奥瀬サキですね。コンパクトに仕上げる腕は昔より上と思う。

  • 評価は割れるでしょうね(苦笑
    1980年代の退魔ブームの後、一部のマニアに支持を受けるも、掲載雑誌の廃刊や打ち切りの憂き目にあい、オレの中で『未完の暗黒王』とまで呼ばれ未だに愛され続ける奥瀬サキの代表作『火閻魔人』のセルフリバイバル作。
    そのマニアな方々が、何を以て支持していたか。そこが割れる。
    絵柄は天野喜孝っぽさが抜け、線はシンプルになり、そしてグロテクスさもカオスさも減衰した。そこを評価してた方々は残念でした。お悔やみ申し上げます。
    ストーリーラインもずいぶんとシンプルになり、わかりやすく、洗練されたものになっている。サラッとダイジェストで流れていく事件簿のような印象も受ける。
    けどねぇ。そのサラッとしたものの中に人の闇が紛れてるのよ。それに自分の中の闇が呼応して、ドキッとする。それが奥瀬サキの作品だと思ってる。だから、未だにオレにとっては面白い。
    オリジナル色は強いけど、傍見の術理も基本は抑えてて、理にかなってるしね。
    今度こそ完結をお願いしますw

  • なんだか懐かしい人が復活している。

全6件中 1 - 6件を表示

火閻魔人 -鬼払い- 1巻 (ガムコミックスプラス)のその他の作品

奥瀬サキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする