サクラコード 1巻 (ガムコミックスプラス)

著者 :
  • ワニブックス
4.00
  • (4)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (137ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847039621

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うむ,やっぱり福太郎やな。そして,『いろは双紙』『大復活祭』から『足洗邸の住人たち。』『√3』とこの『サクラコード』まで連綿と続く同一線上の独特のみなぎ得一ワールドに安心して読める。結局またそこかよ,というか同じ漫画やん!?と言いたくなるのに同じではない,そこが面白い。で,これは[完全版]も読めってことか?

  • 待望の新シリーズ。
    前作「足洗邸」の田村・福太郎と新キャラ輸送鎮伏屋フラワーシスターズとのおかしな旅がはじまる。
    足洗邸再建中に1カ月間旅に出ていた間の話なので、どこまで連載を続けられるか少し不安である。
    好きなマンガ家なのでぜひ長く続けてほしい。

  • まず、無事にこの一巻を入手できたことに感謝
    嬉しい、を通り越して、最早、ありがたい
    『足洗邸の住人たち。』のラストに繋がる、空白の一か月間を描いた新作、『サクラコード』が連載を開始した、と聞いた時は、ガッツポーズを決めた
    だが、リアルタイムで読むのはあえて我慢した
    理由は、この作品が掲載されている雑誌が、月刊コミックガムだからだ
    いや、月刊コミックガムに対し、文句がある訳じゃない。だが、月刊ってのはちょっと問題なのだ
    私は自分が、漫画読みとして未熟である事を自覚できている。下手に、欲求に負けて一話を読んでしまったら、二話目が気になってしまう。しかし、二話目が掲載されるのは一か月後・・・一週間に一冊、発売されるならまだしも、この私が一か月も我慢が出来る訳がない。一か月、イライラし続けて体を壊す事が目に見えていたので、単行本を待とうって判断を、ある程度の苦しみを味わったものの、どうにか下せた
    ぶっちゃけ、『銀魂』、『だがしかし』、そして、『七つの大罪』の最新刊よりも、この初巻が書店に並ぶ日を、心底から待っていた
    なので、月刊コミックガムの表紙が『サクラコード』で、しかも、単行本発売中を見た時には、思わず、嬉しさと驚きで跳び上がってしまった。当然、周囲の人の白い眼など、まるで気に留めず、漫画コーナーに急ぎ、隅から隅まで舐めるように探し、発見に至ったのである
    残り2冊と言うより、2冊前後しか入荷していない感じであった。ファンにならせてもらっている漫画家の先生の最新作が書店に並ぶ日、見た瞬間は私に限らず、誰でも思う事だろうが・・・・・・何故、大々的にアピールしていない、この名作を!?
    まぁ、書店に怒っても仕方ない、私だって、それくらいは割り切れる
    手に入れられただけ良かった、うん
    全体の感想を語ろうと思ったら、原稿用紙3枚以上になりかねないので自制する
    改めて、『サクラコード』を読めて思ったのだが、みなぎ先生のキャラクターやアイテムのデザインは凄いカッコいい。『荒野に獣慟哭す』(コミックス版)の作画を担当している伊藤勢先生と同じく、世界でこそ高い評価を受ける、日本人らしい漫画の描き方だ
    田村・福太郎と美人姉妹の珍道中、これから、どんなトラブルが目白押しになるんだろう
    うーん、やっぱり、コミックスを買っても、2巻が待ち遠しすぎて、体を壊しそう
    この台詞を引用に選んだのは、これまで『足洗邸の住人たち。』や『ルート3』の時と同じく、みなぎイズムを強く感じるから。人間、自分の能力を超える仕事はすべきじゃない。自分は何でも出来る、と過信している奴は大体、周りを巻き込むような自滅をするのだ

  • 福ちゃんが足洗邸のときの三倍ぐらい気持ち悪くなっているフヒヒヒヒ

  • やはり妖怪うんちくに読み応えある。

全5件中 1 - 5件を表示

サクラコード 1巻 (ガムコミックスプラス)のその他の作品

みなぎ得一の作品

ツイートする