48現象

  • ワニブックス (2007年11月9日発売)
4.06
  • (7)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847040290

48現象の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初期のころのAKBについて色々と書かれている。その頃からいたメンバーや知らないメンバーがたくさんいる。今でも残っているメンバーも少しはいる。なんだか競争社会だな、と痛感する。

  • 三期生が入ってきて、チームBの公演が始まったあたりに書かれた本だから、当然内容はかなり古い。
    まさかこれを書いてる人は、AKBがこんなに売れるなんて思ってなかったんだろうなー。

    秋元康氏のインタビューも載っているのだけど、やっぱりAKBは“参加型”なんだなと思いました。
    「とにかくここで、これから、何が起こるのかを見ていて欲しい」って言っているけど、出すシングル全てがミリオンヒットになる今のAKB人気を考えると、初期の頃にAKBを見ている人って本当に神レベルな扱いだもん。
    無名の小さい女の子たちがちゃんとしたエンターテイナーになるまでの成長過程を見るっていうのは、歴とした時代の目撃者なんだなぁと。

    今でこそ一日に何万人と訪れるAKBの握手会も、昔はファンの顔を覚えてくれて、名前も覚えてくれて、本当に一対一の関係だったんだよね。
    本当に羨ましい限り(笑)


    この本はある程度AKBが好きじゃないと読んでいてつまらなくなると思うけど、昔のAKBや古参のAKBヲタを知るには良い本だと思います。
    ライダーさんの部分では思わず泣いてしまいました。

  • 売れる前のアイドル AKB48の本。

    以下に売れなかった、そしてドラマがあったかが分かる。

    講演は再演されたり、もうやめたメンバーのことを知りたいのであれば良い本ではあるが、初期メンバーではない人を追っかける人にはお勧めしない。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
清川 あさみ
有効な右矢印 無効な右矢印

48現象に関連するまとめ

ツイートする