癌ノート ~米長流 前立腺癌への最善手~ (ワニブックスPLUS新書)

著者 :
  • ワニブックス
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847060021

作品紹介・あらすじ

日本人男性の間で急増する前立腺癌。もはや、50歳以上の男性にとっては他人事ではない。自覚症状がないだけに、かつては泌尿器科を訪れた時にはすでに手遅れ、というケースも多かったが、今日では簡便なPSA検査のおかげで、早期発見が可能になった。早期であれば、治療法の選択肢も増える。しかも、治療法も進化を遂げ続けている。そこで、米長永世棋聖が選択した一手とは?「男の命」から尿漏れの心配まで癌との戦いを赤裸々に書き尽くす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    日本人男性の間で急増する前立腺癌。
    もはや、50歳以上の男性にとっては他人事ではない。
    自覚症状がないだけに、かつては泌尿器科を訪れた時にはすでに手遅れ、というケースも多かったが、今日では簡便なPSA検査のおかげで、早期発見が可能になった。
    早期であれば、治療法の選択肢も増える。
    しかも、治療法も進化を遂げ続けている。
    そこで、米長永世棋聖が選択した一手とは?
    「男の命」から尿漏れの心配まで癌との戦いを赤裸々に書き尽くす。

    [ 目次 ]
    第1章 序盤「前立腺癌はどうして見つかったのか」(セックスとは何か 68歳になったときの自分 ほか)
    第2章 中盤「前立腺癌の治療は患者側に選択肢があります」(一問一答 セカンドオピニオン ほか)
    第3章 終盤「前立腺癌の最善手=高線量率組織内照射」(準備 マナ板の鯉 ほか)
    第4章 局後の感想「前立腺癌との一局を終えて」(第1回経過観察 もっとも大切な数字 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

昭和18年6月10日、山梨県増穂町の生まれ。 31年、6級で(故)佐瀬勇次名誉九段門。 38年4月四段。54年4月九段。平成10年5月永世棋聖に就位。15年12月引退。 15年、紫綬褒章受章。17年から日本将棋連盟会長を務める。24年12月18日、現役会長のまま死去。享年69歳。25年、旭日小綬章を受章。 タイトル戦登場は48回、獲得は名人1、十段2、王位1、棋王5、王将3、棋聖7の合計19期。 生涯成績は1103勝800敗1持将棋。

米長邦雄の作品

癌ノート ~米長流 前立腺癌への最善手~ (ワニブックスPLUS新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする