中韓以外、みーんな親日 ~クールジャパンが世界を席巻中~ (ワニブックスPLUS新書)

著者 :
  • ワニブックス
3.36
  • (0)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847060663

作品紹介・あらすじ

緊張状態の続く、日韓、日中関係。我が国に対しての大きなお世話、あるいは言いがかりレベルの批判、そして絶えず蒸し返される歴史問題、日本の領土に対する非常識な干渉。日々、テレビ、新聞で繰り返されるこれら報道にばかり目が向いていると、日本は"世界"から嫌われている?と錯覚しそうになる。ところが、ところが、その迷惑な二国の隣人を除けば、世界の数多くの国々は日本を大変評価してくれている。そして好きでいてくれる。台湾でフリージャーナリストとして活動し、台湾の超親日ぶりを取材してきた著者が、クールジャパンが世界で熱き視線を集める状況をルポ、その実情と理由を解説する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本外交の話題が4割、アニメの話題が6割といった感じの不思議な本。世界各国における「親日・反日感情」と「受け入れられている日本のアニメ・マンガ」を結び付けて持論を展開しつつ、最後に今後の日本の進むべき方向を示している。ちゃんと世界中の都市を訪ねてまわり、現地の店舗やイベントをチェックし、現地の人の話を聞いた上で主張しているので、それなりに説得力がある。日本のサブカルを通じて世界中の中流・上流層が日本に好感を抱くなら、お金では計れない大きな価値が生まれるという主張には大いに賛同したい。(こういう論理は検証不可能なので、マトモな議論にならないことは承知の上で…)

  • タイトルは軽いが、内容はそれほど軽い訳ではない。それにしても、著者のアニメや漫画や音楽などの造詣の深さには舌を巻く。鉄色クローンX(ももクロをカバーした台湾のヘビメタバンドでマーティ・フリードマンがギターで参加)までフォローしているのにはビックリした。

  • 表題通りの内容。アフリカで日本の人気が高いというのは初耳だった。

  • 題名から予想されるよりは、いい意味で中立的な内容でした。

  • アニメ・日本発信のカルチャーをもとに親日の度合いを筆者が解説している。
    中韓は国内の不満を日本に向けることしか対処法がなく腐っていることがよくわかる。
    同じ戦争を経験した国が日本のことを理解している事実がよく説明されておりアジア各国の実情がわかった。

全5件中 1 - 5件を表示

酒井亨の作品

ツイートする