フランス流テロとの戦い方 -全仏370万人「私はシャルリ」デモの理由- (ワニブックスPLUS新書)

著者 :
  • ワニブックス
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847060809

作品紹介・あらすじ

2015年1月7日、フランスの風刺週刊誌「シャルリ・エブド」の社屋が編集会議のタイミングでテロリストに襲撃された。後に兄弟だとわったテロリストは「アラビア半島のアルカイダ」との関連が判明。そして、ほぼ同時にユダヤ系のスーパーに人質を取って立てこもったテロリストはイスラム国との関連を明言した。北アフリカなどからの移民を数多く抱え、イスラム国や反シリア勢力に参加する若者が後を絶たないフランスは、これまでもテロに悩まされ続けてきた歴史を持つ。そして、そのテロとの対峙の仕方に、フランスという「国のかたち」が見える、とフランスで21年間ジャーナリストとして活動してきた著者は指摘する。そこで、テロと無縁とは言えなくなった日本が学ぶべきことはあるのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 移民をこれから受け入れるのであれば、避けては通れない。ボーダーレスになるということはこのようなリスクをかかえるということかもしれない。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

元産経新聞パリ支局長。慶應義塾大学文学部仏文科卒業後、フランス政府給費留学生として新聞中央研究所(CFJ)に学ぶ。産経新聞入社後、教養部、夕刊フジ、外信部次長、特集部編集委員を経て、1990(平成2)年5月よりパリ支局長。1994年にボーン・上田記念国際記者賞を受賞、2001年にフランス共和国より国家功労章シュヴァリエ、2013年にレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエをそれぞれ受章。

「2016年 『ココ・シャネルの真実』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山口昌子の作品

フランス流テロとの戦い方 -全仏370万人「私はシャルリ」デモの理由- (ワニブックスPLUS新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする