アメリカ・ザ・ゲンバ - America at the Scenes - (ワニブックスPLUS新書)

著者 :
  • ワニブックス
4.21
  • (8)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847061042

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 虎ノ門ニュースで有名な青山繁晴の本2冊目。

    印象に残った点

    ◆アメリカ人にとり公正さとは、相手が公正なら自分も公正であろうとするが、相手が公正でなければ本当のことを言う必要はないし、相手がおかしな挙に出たら例えば相手がテロリストで何かしでかそうとしていたら、テロリストという証拠が弱かろうが何だろうが先んじて殺してしまってもOKと言う価値観。

    ◆イラクには石油があり、北朝鮮にはオイルがない。
     イラクには味方がなく、北朝鮮には味方がある、
     よってイラクはアメリカに征服された。

  • 独立する事、責任を負う事、フェアである事、繋がっているのだと思いました。
    とても読みやすい文章で、現場を渡り歩かれた青山繁晴さんだからこその説得力ある事が書かれており読み応えがある一冊でした。

  • 世界政府アメリカの(嘘)と(正義)
    2003年3月

  • 2016/11/9 Amazonより届く。
    2017/10/4〜10/7

    2003年に出版された「世界政府アメリカの嘘と正義」に加筆して新書化されたもの。
    アメリカには1年住んでいたが、乏しい語学力もあって、それほど突っ込んだ議論が出来たわけではないが、青山さんの言いたいことはよく分かる。町山さんの本にあるように、アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らないのだ。多いなる田舎の人が世界スタンダードを握る恐ろしさ。現在、世界では新帝国主義が幅を利かせつつあるが、どの国の指導者も皆小粒というか、問題のある人も多い。一体、世界はどうなるのだろうか。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

神戸市生まれ。慶應義塾大学文学部中退、早稲田大学政治経済学部卒。共同通信記者、三菱総合研究所研究員、独立総合研究所代表取締役社長・兼・首席研究員を経て、現・参議院議員。他に現職は、東京大学教養学部自由研究ゼミナール講師、近畿大学経済学部客員教授。FM音楽番組MC。作家。小説作品に「平成紀」(幻冬舎文庫)、ノンフィクションに「ぼくらの祖国」(扶桑社)など。

「2020年 『わたしは灰猫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青山繁晴の作品

アメリカ・ザ・ゲンバ - America at the Scenes - (ワニブックスPLUS新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×