アメリカ・ザ・ゲンバ - America at the Scenes - (ワニブックスPLUS新書)

著者 :
  • ワニブックス
4.21
  • (8)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847061042

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 虎ノ門ニュースで有名な青山繁晴の本2冊目。

    印象に残った点

    ◆アメリカ人にとり公正さとは、相手が公正なら自分も公正であろうとするが、相手が公正でなければ本当のことを言う必要はないし、相手がおかしな挙に出たら例えば相手がテロリストで何かしでかそうとしていたら、テロリストという証拠が弱かろうが何だろうが先んじて殺してしまってもOKと言う価値観。

    ◆イラクには石油があり、北朝鮮にはオイルがない。
     イラクには味方がなく、北朝鮮には味方がある、
     よってイラクはアメリカに征服された。

  • 独立する事、責任を負う事、フェアである事、繋がっているのだと思いました。
    とても読みやすい文章で、現場を渡り歩かれた青山繁晴さんだからこその説得力ある事が書かれており読み応えがある一冊でした。

  • 世界政府アメリカの(嘘)と(正義)
    2003年3月

  • 2016/11/9 Amazonより届く。
    2017/10/4〜10/7

    2003年に出版された「世界政府アメリカの嘘と正義」に加筆して新書化されたもの。
    アメリカには1年住んでいたが、乏しい語学力もあって、それほど突っ込んだ議論が出来たわけではないが、青山さんの言いたいことはよく分かる。町山さんの本にあるように、アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らないのだ。多いなる田舎の人が世界スタンダードを握る恐ろしさ。現在、世界では新帝国主義が幅を利かせつつあるが、どの国の指導者も皆小粒というか、問題のある人も多い。一体、世界はどうなるのだろうか。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

●慶大文学部中退、早大政経学部卒。共同通信記者として昭和天皇吐血など歴史的スクープ連発。●三菱総研に転じたのち日本初の独立系シンクタンク独立総合研究所の代表取締役社長・兼・首席研究員。●熱血先生と呼ばれる近畿大経済学部客員教授(国際関係論)のほか東大教養学部特設ゼミ、防衛省幹部研修、総務省消防大学校、関東管区警察学校でも教鞭。●公職は無償を原則に、内閣府原子力委員会原子力防護部会専門委員、文科省参与、海上保安庁政策アドバイザー、経産省総合資源エネルギー調査会専門委員、NSC創設の有識者会議議員、消防審議会委員など。●国内外で第一級専門家として認知された分野は危機管理、外交・安全保障、資源エネルギー安保、政治論など類例なき幅広さ。●「ザ・ボイス」(ニッポン放送)、「虎ノ門ニュース」(CS放送)、「TVタックル」(テレビ朝日)など番組参加が圧倒的人気。連続5時間前後の「独立講演会」も毎月、自主開催。●会員制レポート「東京コンフィデンシャル・レポート」(TCR)を16年超、配信。

青山繁晴の作品

アメリカ・ザ・ゲンバ - America at the Scenes - (ワニブックスPLUS新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする