「氣」が人を育てる - 子どもや部下の能力を最大限に引き出す教育とは - (ワニブックスPLUS新書)

著者 :
  • ワニブックス
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847061318

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 氣とは何かを理解するために読んだ。氣とは、人が本来身につけるべき心のあり様を大事にしていることである。教育においても、知識の前に必要人間性を氣を大切にすることで若い人が自発的に学習すべきことを学んでゆき、相手を大事にする人間人育っていくところが素晴らしいと思う。

  • 「氣」の話というよりは場の作り方の本という感じです。

    対談のお二人とも組織の長ということで、そこで工夫されていること、苦労されていることなど興味深い内容でした。

    この本は武道書ではなく教育書ですね。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1973年、東京都生まれ。東京工業大学生命理工学部卒業。一般社団法人心身統一合氣道会会長。幼少から父・藤平光一より指導を受け、心身統一合氣道の継承者として、世界24カ国、約3万人の門下生に心身統一合氣道の指導・普及をおこなう。慶應義塾大学では體育會合氣道部の師範を務め、非常勤講師として一般教養の授業で心身統一合氣道を指導。また、心身統一合氣道を人材育成に活用し、経営者・リーダー・アスリート・アーティストなどを対象とした講習会や企業研修でも指導している。2010年からは、米国・大リーグのロサンゼルス・ドジャースの依頼により若手最有望選手の育成に参加し、選手・コーチから絶大な信頼を得ている。テレビ出演「あさイチ」「あしたも晴れ!人生レシピ」など。主な著書に『心と体が自在に使える「気の呼吸」』(サンマーク出版)、『コミュニケーションの原点は「氣」にあり! 』『「氣」の道場』(ともにワニブックス[PLUS]新書)、『一流の人が学ぶ 氣の力』(講談社)などがある。


「2022年 『「調子いい! 」が続く姿勢と呼吸の整え方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤平信一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×