ご縁とお役目 ~臨床医が考える魂と肉体の磨き方~ (ワニブックスPLUS新書)

著者 :
  • ワニブックス
3.71
  • (7)
  • (4)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847065460

作品紹介・あらすじ

ある現役臨床医が綴る、寿命の本当の意味、今生における私たちのご縁とお役目、そして魂と肉体の磨き方まで。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キャリアパスで考え込んでいた時に、時宜を得た言葉をかけていただいた・・・という感じ。

    必要としている時に、必要としている言葉と巡り会うものだなぁと改めて思う。

    さらっと手軽に読めて、分かりやすい優しさ(易しさではなく)もよかったです。

  • 目次の第一章がいきなり、”寿命とは「魂を磨く期間」でもある”で始まる!第二章のタイトルは、”私たちの魂は死ぬことがない〜身体は「天にお借りしている」ことを知る”と。
    著者は現役東京大学大学院医学系研究科、救急医学分野教授という、西洋医学のお医者さんがスピリチュアルなメッセージを伝えていらっしゃることが、時代を感じる。

  • 20160207


    前から気になっていた著者の1冊目。

    前半はなるほどと思えるところが何点かあったのだが、編集が悪いのか、中身が薄いのか、同じような事を延々と書き連ねられ、ほとんどの文章が気持ち良く入って来なかった。

    最後には、宗教的な感じになり、久々に途中を飛ばしながら読んでしまった。

  • 現役の医師が、書いている事に興味を持ちました。違ったかくどから、読んでみるのもたまには良いと思いますよ。

  • 2015/8

  • 精神論、この手の本は結論が同じ感じ。

  • 没我、お役目、他利、お陰様

  • 平均寿命の定義を簡単に説明すると「ゼロ歳児の平均余命」です、平均余命というのは、その人があと何年生きられるかという「期待値」だとお考えください。寿命とは「この世でのお役目を果たす時間」ではないかと、私は感じています、お役目は人それぞれです。肉体はこの世界で魂が活動するためにお借りした貴重な道具(着ぐるみ・乗り物)であり、このふたつを「どちらも大事なもの」と考える視点こそ、充実した人生を送るための大前提だと思うのです。私が確実に言えること、それは助かる人と助からない人がいる、それだけです、普通の医師は、「救っている」とか「助けている」と考えていないと思います。「加齢と病気は紙一重」、がんという病気をとっても、若い時に発症したのであれば治療を急ぐ必要がありますが、70代や80代での発症は全般的に代謝率が低いこともあり転移も遅いもの、がんで亡くなったのか、それとも加齢現象の結果として亡くなったのか、よくわからないことも多いのです。生きるということは、毎日を「生き切る」ことだと思います、・緩急自在・融通無碍・審美眼
    一生懸命になれるもの、きっとどなたもお持ちだと思います、私はそれこそが、私たちひとりひとりに与えられた天命だと思います。自分がやりたいからやる、この気持ちで無心にやること、それが心の浄化へとつながります、その積み重ねは「継続力」へと変わり、本人も知らないうちに仕事や家事などで発揮されます。一番大切なこと、それは「気づけば変わる」という事実です、知らないこと(無知)は罪ではなく、むしろ知ったあとの大きな喜びが待ってます。

  • 「人は死なない」を踏襲し、生き方を考えたもの。

  •  私の知っていた開業医の方もある仏教の熱心な信者でしたが、2・3年前に亡くなられました。それまで本当に一生懸命、患者様を診ておられました。
     聖○○病院などの名前も良く目にします。
    近所にある大きな病院の経営者は入院環境・サービスはホテル並みにしたいと言っておられると聞きました。
     病気を治しながら、心も癒していきたい・・・。
    今後、このようになっていくのでしょうか。

全14件中 1 - 10件を表示

矢作直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
村田 沙耶香
ジャレド・ダイア...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

ご縁とお役目 ~臨床医が考える魂と肉体の磨き方~ (ワニブックスPLUS新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする