中村俊輔式 サッカー観戦術 (ワニブックスPLUS新書)

著者 :
  • ワニブックス
3.71
  • (3)
  • (10)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847066191

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 俊輔さん為になりました。

  • 自分自身、サッカーに明るくない者でも、分かりやすい言葉遣いと説明、図を使った具体的な例を含めた解説があって、とても参考になった本です。ぜひ、実際のJリーグの試合を、横目線で見たくなりました。また、自分自身の身として考える機会もあって、より魅力を感じた本でした。

    p101 ★★★自分色

     マリノスの指揮をとっていたアルディレス監督は
     「11人のうちの一人としてピッチに
      立っていることが重要だ。

      与えられたポジションを自分色に染めればいい」
     というアドバイス。

     会社や組織の中で、自分が本当にやりたい仕事を
     できないことは珍しいことでは無い。

     最初は戸惑いも大きいと思うが、
     その中で使命感を持ち、
     やりがいを見つけていくことで自分自身が成長できる。

     →私も、とてもそう思います。

    P106 ゴールキーパーは人柄と人間性が大切

     血のにじむような努力、鍛錬、身に着けた技術

     「あの選手が決められたら仕方ない」

     と、思えるかがとても重要。
     
     居残り練習にも付き合ってくれたが
     僕が「ありがとうございました」と言わなければ
     自分から練習を切り上げたことが一度もなく
     後輩の僕が納得するまで練習に付き合い、
     GK目線でのアドバイスをもらったこともあり、
     信頼関係が築かれていく山口能活GKとの関係性。

    P115 DFとしての矜持

     華やかなゴールシーンが注目を集めるのは当然。
     その裏ではゴールを守るために必死に戦っている
     選手もいる。ボンバー(中澤佑二)や
     トゥー(田中マルクス闘莉王)のプレーからは
     イタリア人顔負けのDfとしての矜持が感じられる。

    P147 観戦のヒント

     ・前線の選手は、どの位置からプレスに行くのか
     ・ディフェンスラインをどの辺りに設定しているのか
     ・攻守の中心となるダブルボランチそれぞれの役割
     ・サイドバックが攻め上がるタイミング
     ・どのような駆け引きと動きでマークがズレているか

  • サッカーのルールはだいたい知ってるけど、
    そんなに試合は見ない私ですら知っている
    中村俊輔という偉大なサッカー選手が書いた
    サッカー観戦術ということで読んでみた。

    正直、内容としては非常に薄い。

    サッカーのフォーメーションについて、
    もっと詳しく知りたかったし、
    戦術的にどう攻めるのが有効だと考えているのかも
    もっと知りたかった。

    本書で最も参考になったと思ったのは、
    「斜め45度」から攻める際の特徴である。

    ファーサイドのシュートを狙えるというのは、
    サッカー特有だと思うが、
    そのために縦方向や中方向へのドリブルも
    脅威の選択肢となり、
    ラストパスも選択肢となるというのは、
    理にかなっていて知見となった。

    以上

  • もっと詳細な観戦術が聞きたかったが、そうでなかったのが残念。

  • 生粋のサッカー小僧であり、サッカー愛に溢れていることが良く伝わってきた。

    1番参考になったポイントは、時間がないときは、前後半のそれぞれ15-30分を見るということ。

    サッカーをやっていた人にとっては、当たり前のことが書かれているので、サッカーをやってなかったがサッカー観戦が好きな人向け。

  • 2019年5冊目。

    「ファンタジスタ」「天才」「テクニシャン」のイメージが強すぎる選手だけど、実はものすごく「観察」「分析」「修正」「努力」の人。

    「戦術」「個」「セットプレー」とカテゴリーごとの独自の観戦ポイントを解説してくれるなかで、「トップ下の観戦術」で一章を割いているのにこだわりを感じた。やはり僕も、トップ下の中村俊輔が一番好き。

    サッカー観に行きたくなってしまった...

  • 元横浜Fマリノスの中村俊輔が、現代サッカーをより深く、より楽しむための方法論を伝えている。戦術理解のポイントやセットプレーの観戦術などを、分かり易く解説している。プレーヤー個人の見方も面白く、イニエスタが図抜けている部分など、実際の映像で確認したいことも多い。中村俊輔がいかにサッカーが好きで、サッカーのことばかり考えているかがよくわかる。

  • ‪現役サッカー選手である中村俊輔が自身の観戦の視点を記した一冊。前後半15〜30分やセットプレーをはじめとする伏線に注目した左脳的な方法論が面白すぎる!スポーツだって結果を知っていても楽しく観られるという気付きが新鮮だった。最後に藤井雅彦さんも仰っているように解説者・中村俊輔を見たい。

  • 毎試合見るくらいバルセロナ贔屓だったのかと知る。フォーメーションの解説もわかりやすいし俊輔のサッカーオタクがきちんとわかってありがたい本。

全10件中 1 - 10件を表示

中村俊輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
東野 圭吾
塩田 武士
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする