行った気になる世界遺産

著者 :
  • ワニブックス
4.25
  • (13)
  • (10)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 467
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847083129

作品紹介・あらすじ

はじめての旅行記、書きました。行ってないけど。--- 世界遺産に詳しいことでも知られる俳優・鈴木亮平が、熱い想いをめぐらせながら自ら絵・挿絵を描き下ろし、妄想爆発で文章も全て書き下ろした前代未聞の<旅行記>が完成!この本を見て読むだけで、世界遺産を旅した気分になれる夢のような1冊。これを機会に、いままで知らなかった<人類共通の宝物>の数々を、鈴木亮平とともに味わってみませんか? 圧巻の絵とオリジナル紀行文が、あなたを未知なる世界遺産旅へと導いてくれます。雑誌『プラスアクト』での連載に新たな挿絵や記述等も加え、計288ページにも及ぶ大ボリュームで堂々完成!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 世界中のどの街も、早朝にはいつもと違う顔を覗かせる。それがその街の本当の顔のようで、僕はたまらなく好きなのだ。

    私は、そんな鈴木亮平が好きです笑
    朝の爽やかな静けさをこんな風に表現できるなんて素敵だなあ、としみじみ感じた。
    綺麗な描写がたくさん詰まっていて、亮平さんをさらに好きになってしまった〜!

    妄想世界遺産旅行に「いいね!」がとまらない!
    さすが、『花子とアン』の英治さんを演じていただけあって、亮平さんにも想像の翼がちゃんとあるんだな、と感じた。

  • Mr.世界遺産の鈴木亮平さんが世界遺産の本を出した!しかも妄想の笑。
    まず着眼点が面白い。
    というのも今世界遺産は1121ヶ所あり、死ぬまでに全て絶対に巡れない。しかも一般人立ち入り禁止の世界遺産もあるくらいだ。じゃあどうするか?想像するしかないのだ。
    私も鈴木亮平さん同様世界遺産検定1級を持っているので、世界遺産と妄想というコンビにすんなり入ることができ、あっという間に読破した。
    一番妄想が炸裂しているのは、イタリアのヴェローナだろう。なんと旅先で恋に落ちる予感が描かれているのである!一人旅経験のある男子なら誰もが妄想する旅の恥はかき捨て恋。私もひとり旅は何度もあるが、全くいい感じにならない笑。それを亮平さんは満たしてくれるのだ。
    あと最高なのが、ちょくちょくダイビングのシーンが出てくるのだが、後書きを読むとダイビングもやったことがないそうだ。行ったことがない上に、ダイビングまで妄想なんかーい!と清々しい笑。
    このコロナ禍で旅行に行きたくてウズウズする中、妄想でも気持ちを世界に旅立たせてくれた鈴木亮平さんに感謝!

  • え、行ってないんですよね?
    って思わず言いたくなる。
    素晴らしい妄想本。
    愛を感じるし下手な紹介文より、よほど行きたくなります。
    知らないところが多く、本当に興味深かった。
    絵もお上手でビックリ。
    絵というのが、これまた絶妙で写真じゃないから、見てみたーいと思わせてくれる効果が。

    なぜか空気感みたいなものが伝わってきて、
    まさに行った気になれました。

    もっと紹介してほしい。

  • 9/10▶️9/12

  • 一つ一つはそこまで長くないが、書くのには5倍くらいの妄想はしたと思う笑

    選んでる遺産の、
    イグアスとかピラミッドみたいな有名どことそこまで有名じゃないところのバランスが良い。

    絵も素敵だった!
    一緒に妄想旅したいなぁw

    2020.9.17
    92

  • コロナが拡大して以来、好きな旅行に行けていない。そんなフラストレーションが溜まっていた中で見つけた本書。著者はちょうど好きな俳優さんである鈴木亮平さん。しかも、旅行記なのに行ったことがないとのこと。行った人の旅行記なんて読んだら羨ましくてどうにかなってしまいそうだと思った自分にはまさに打って付けの本だった。
    しかし、結果は真逆。旅行に行きたくて仕方なくなってしまった。本当に行ったことがないの?と尋ねたくなるくらい熱量が伝わってくる文章で、鈴木亮平さんの世界遺産にかける思いの強さを全力で感じることができた。妄想でも旅をできるんだということを教えてくれた一冊。

  • 鈴木さんの才能にびっくり!

    文章はもちろん、絵からも迫力、オーラを感じた。

  • 想像で書いたのか。

  • 知っている所も知らなかった所も読みながら行きたくなりワクワクした.まさしく行った気になった世界遺産だった.文章も絵も最高.

  • 著者の世界遺産好きを知っていれば、妄想といえども信頼できる旅本だと思う。写真じゃなくイラストなのもリアリティがある。多才だな…。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

★鈴木亮平(すずき・りょうへい)
1983年3月29日生まれ、兵庫県出身。東京外国語大学英語専攻卒業。2006年、俳優デビュー。2014年、連続テレビ小説『花子とアン』でヒロインの夫役を演じ注目を集める。主な出演作に、映画『俺物語!!』『海賊とよばれた男』『忍びの国』、ドラマ『天皇の料理番』『銭形警部』『宮沢賢治の食卓』、舞台『ライ王のテラス』『トロイ戦争は起こらない』など。2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』では、主人公の西郷隆盛を演じている。映画『羊と鋼の森』が6月8日に公開。


「2018年 『鈴木亮平の中学英語で世界一周!feat.スティーブ・ソレイシィ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木亮平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
伊坂 幸太郎
エラ・フランシス...
スペンサー ジョ...
恩田 陸
東野 圭吾
伊坂幸太郎
砥上 裕將
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

行った気になる世界遺産を本棚に登録しているひと

ツイートする
×