元気回復 足もみ力 (美人開花シリーズ)

著者 :
  • ワニブックス
3.66
  • (10)
  • (14)
  • (21)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 201
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847090622

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 力いれてもんじゃう

  • 足もみでいろんな病気を克服する本

    副作用がなくおすすめ

    足もみ用の棒とクリームが必要
    終わったら30分以内に白湯500ccを必ず飲む

    食後1時間は揉まない
    左足から揉む
    はじめと終わりは排泄器官(副腎→腎臓→輸尿管→膀胱→尿道)を必ず揉む
    理想は両足で40分時間なければ5分でも
    5分でも必ず白湯は飲む(飲まないと何の意味もない)


    基本のもみ方、順序が書いてあります。
    そして病気ごとの揉む箇所も書いてあります。

    足もみの施術店舗スクールなどもやっています。
    現在名古屋だけですが東京にも店舗できるようです。

  • 全て間に受けてはだめだけど暇つぶし程度にはよい

  • 友達に借りた本。すごく説得力があってぐいぐい読めた。しばらくこの方法で足ツボを刺激してみたいと思う。効果ありますように。

  • 足つぼマッサージというセルフケアはランニングコストが安い。
    人によっては補助器具(足つぼマット等)を買うことで、
    イニシャルコストが跳ね上がるが、長い間使い続けていれば、
    元は取れる。

    頭の反射区を揉みながら、英語多読レベルアップを目指すw

  • 足にツボがたくさんあって、自重をかけることで比較的に簡単に揉めるし
    古来からある健康法な訳で。
    わかりやすく図解などもあるし、面白いと思う。

    ただ、痣になってもそれはその部分が悪いだけで
    気にせず揉むべきであるとか、
    ガンが治るという記述は気にかかる。
    民間療法、信仰のようなレベルで根拠がいまいちはっきりしない
    こうした記述があるだけで、この本を敬遠してしまう人もいるのではと思った。

    マッサージという習慣はやって悪いことではないし、
    納得できる記述もあったので
    興味のある人は読んでみて損な事はないと思った。

  • 世界一痛い足裏もみの、近澤先生の著書です。
    名古屋近郊在住の私は、実際に先生の施術を受けました。

    ・・・かなり痛いです。

    冗談抜きで悶絶レベルです。
    痛みには強い私でもこれはかなりきつい!
    出産経験はありませんが、出産よりいたいらしいです。

    ですが終わった後、特に翌日は世界が変わるほどの爽快感です。

    そんなゴッドハンドをお持ちの先生だからなかなか予約が取れない。
    なのでこの本を熟読し、少しの時間でも毎日続けています。

    全体重をかけてやるのがコツですが、加減しても大丈夫です。

    足裏もみの威力を感じる1冊です。

  • 基本的には良さそうなんだけど、足もみで◯◯が治る!というのが私にはちょっと……。

  • めっちゃイテーーーッっ!!
    しかし花粉症のツボは一向に良くならない様です。
    効いているのかな??

  • 以前テレビで紹介されていて気になってた本ですが、やっと手にとってみました。
    自分も足ツボを勉強中なのだけど、微妙に反射区が違う。でもこの人の施術を受けてみたいなぁ。

全24件中 1 - 10件を表示

元気回復 足もみ力 (美人開花シリーズ)のその他の作品

近澤愛沙の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
大野 更紗
ウォルター・アイ...
トルステン・ハー...
佐々木 圭一
小池 龍之介
ロンダ・バーン
三浦 しをん
ヴィクトール・E...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

元気回復 足もみ力 (美人開花シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする