青山繁晴、反逆の名医と「日本の歯」を問う ~歯みがきしても歯を失う! ~ (ワニプラス)

  • ワニブックス
3.60
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847091544

作品紹介・あらすじ

成人した人間は100%歯周病。歯周病は歯ぐきの病気じゃない。歯周病、虫歯の原因に無関心で治療する歯科医たち。不器用と知りつつ歯医者を続けてる人がいっぱい。チョコレートを食べて寝ても虫歯にはならない…著者少年時代の秘蔵写真満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 青山さんは河田さんを過大評価している印象を受けた。
    やる気、意気込みは素晴らしい先生なのだけれど、こういう感じの先生は苦手。

    • okamさん
      この先生、なんでも断定しすぎてて私もちょっと受けつけませんでした・・
      この先生、なんでも断定しすぎてて私もちょっと受けつけませんでした・・
      2013/06/18
    • Marikoさん
      Okamさん そうなんですよね。なんでも断定する自信はすごいと思いますが、同業者としては首をかしげたくなる意見もあって。
      Okamさん そうなんですよね。なんでも断定する自信はすごいと思いますが、同業者としては首をかしげたくなる意見もあって。
      2013/06/18
  • 〈本から〉
    塩の粒子を噴きつける(エア・フロー)
    エナメル質、象牙質、歯髄(歯に栄養を与えている)
    歯槽骨(歯を支えている顎の骨)
    異物の存在が歯槽骨の破壊ーつまり歯槽膿漏ーの原因であることは、まさに自明の理
    プラーク、歯石
    歯石取りは毎月
    チタンという金属が非常に馴染みがいい

  • 虫歯を治すだけではイタチごっこで、最終的には歯を失う。そうならないために、定期的な歯石の除去が必要である。ただし、歯石の除去だけでは保険がきかないので、治療の要がある時、一緒に行うしかない。私は虫歯治療が終わった後に,何度も細切れで行う(制度的にそうせざるを得ないらしい)歯石除去を歯医者の儲け主義と思い、面倒くさくなり、途中で通院を止めたりしていた。反省だ。

  • 一方だけが勝利する戦いもありますが、共存することで双方が栄える道もあります。日本人が、古来求めてきた道です。常在菌とのきょうぞんを図りつつも、…中略・・患者さんの健康を図りつつ、我々歯科医も喜びを共有できる医療の道筋が見えてきたのです。あとがきP227

    現代社会の中で戦うお二人、青山繁晴さんと河田克之さんにエールを送りたい。

  • 青山さんの若き日を知りたい、と思う読者にとっては物足りない内容。
    青山さんが中学・高校時代を振り返るのは、わずか10ページのエッセイのみ。
    しかし、中高時代の写真は、ファンなら見ても損はない。
    肝心の「歯」については、私たちの常識を覆す対談が飛び出す。

  • どの業界にいようともきっとそこには既得権益が存在する。やつらと闘うってのは想像以上の苦労があり、莫大なエネルギーを必要とするのでしょう…。私心を捨て、公のために奮闘するお二人、素敵ですわ。

  • 最終章は面白かった

全7件中 1 - 7件を表示

青山繁晴、反逆の名医と「日本の歯」を問う ~歯みがきしても歯を失う! ~ (ワニプラス)のその他の作品

青山繁晴の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
三浦 しをん
青山 繁晴
青山 繁晴
佐々木 圭一
青山 繁晴
有効な右矢印 無効な右矢印

青山繁晴、反逆の名医と「日本の歯」を問う ~歯みがきしても歯を失う! ~ (ワニプラス)を本棚に登録しているひと

ツイートする