東京百景 (ヨシモトブックス)

著者 :
  • ワニブックス
4.08
  • (168)
  • (184)
  • (94)
  • (12)
  • (4)
本棚登録 : 1755
レビュー : 219
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847091797

作品紹介・あらすじ

ピース・又吉直樹、すべての東京の屍に捧ぐ。「東京は果てしなく残酷で時折楽しく稀に優しい」いま最も期待される書き手による比類なき文章100編。自伝的エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 18歳で上京して以来、東京暮らしをされているピースの又吉直樹さん。
    売れない芸人時代から現代に至るまで、又吉さんの目に映った東京を切り取った100編のエッセイです。

    文学作品所縁の風景やお金が稼げなかったころの貧しい生活を、独特のユーモアとちょっとの切なさを混ぜて綴った文章は、少し色褪せた写真を眺めているような感じでした。
    かと思えば、後輩と「通りすがりの人の魂を吸う遊び」をしながら町を歩いた…なんていう、思わず笑ってしまうエピソードもあったり。
    彼の自由律俳句を読んだ時に「この人の目から世の中を見てみたい…」と思ったのですが、本書を読んでさらにその思いを強くしました。

    それにしても、彼は今までに何回職務質問をされているんだろう…。
    途中から彼が職務質問されていることに違和感を感じなくなってきてしまい、苦笑い。

  • とても不思議な感触のエッセイ。
    現実と妄想が入り混じった又吉さんの東京がここにある。
    「二十五 ゴミ箱とゴミ箱の間」とか東京か?というテーマの回もあるけど、東京だからそんなことも気になるのかもしれない。よく知らないけど。

    この本の裏テーマは「自意識の恐ろしさ」ではないかと思う。
    又吉さんの過剰な(ご本人談)自意識について繰り返し語られていて、それがまるで催眠術みたいにじわじわと効いてくる。
    自分の一挙手一投足が白々しく思えたり、なんかこっぱずかしかったりし始める。
    困った…。
    一度見失うと何が自然なのか分からなくなる。
    感染力「強」。

  • 昨夜、『ハリーポッター』を観ていたせい、だろうか。

    この本が、
    『忍びの地図』の様に思えてしまった。
    (知らない方はゴメンナサイ。。。)

    「又吉君」と、声をかけなくても、
    本を開くと、
    東京のあちこちに又吉君の足跡がテコテコと浮かび上がる。

    どこへ行く?
    と、いうよりも、
    何してた?
    が、気になって、

    何度も何度も地図を開いてしまう。

  • 又吉さんの文章が好きだ。

    物静かな雰囲気の又吉さんの裡にある情熱が時折覗く文章に惹きつけられる。
    人見知りで、少し臆病で、けれどとても太い芯の通った等身大の又吉さんの目を通した東京の風景。
    それはそこに彼が確かに過ごしていた実感を伴っているゆえに、とてもやさしくて。

    図書館で借りてきて、読んでいる途中からすでに、手放すには惜しい、そんな気持ちにさせられていた。
    フィクションなのか、ノンフィクションなのか。
    それがどちらでも、もはや構わなかった。

    『池尻大橋の小さな部屋』
    届かない後悔はあまりにも眩しくて、胸を締め付けられる。

  • 以前読んだ「第2図書係補佐」は単純にエッセイとして面白かったが、
    こちらはそれプラス小説的な要素もあり、楽しめた。
    特に気に入ったのが、過去に同棲した彼女との
    出会いから別れが綴られている「池尻大橋の小さな部屋」
    映画とまでは言わないが、鉄拳のパラパラ漫画を見ているかのように、
    映像が目の前に広がり、最後は切なくて心がジュワーっとなった。
    プツリと切れる終わり方がいい。切なさの余韻が胸を締め付けた。

  • ルミネtheよしもとの音響さんと照明さん、又吉さんが構成作家とタクシーに乗った時に構成作家の発した言葉の方に反応して笑った運転手さんの話、仲の良い後輩達との話が良かった。

  • この間、又吉さんのエッセイを読んだとき、
    「もうちょっと本格的なものを書いてくれたらいいな」と
    思っていて、ふと立ち寄った本屋さんに
    この本が並んでいたので、
    願った手前もあり、買いました。

    何の当てもなく、高校卒業してすぐ
    「お笑い芸人になりたい」と東京に来た又吉さん、
    その頃の思い出を中心にしたエッセイ。

    売れるまでけっこう絵にかいたような貧乏生活を
    していたんだね。
    なんとなくは想像していたけど、
    「ほー、ここまでも…!」と。
    やっぱり大変なのですね。

    読んでいて思ったのは、
    先輩にもかわいがられ、後輩にも慕われ、
    (お金が無いときも、後輩が慕っているっていいなあ)
    良い友達に恵まれているなあ、と。

    本当に本人が言うように「気にしすぎている」だけで、
    実際は周りの人から沢山愛されているようだ。

    時折、なんだかとってもロマンチックな
    センチメンタルな章がちらほらと差しはさまれ、
    なんだか読んでいる方が照れてしまうところもありますが、
    (私はこういうのはいらない派、なので。
    こち亀とかでもそういう回が、ありますよね。
    ああいうの、いらないなあ。私にはわざとらしく感じるのです。)

    全体的に、ユーモアが満載で、文章も上質で、とても楽しめる本であった。


    「芸人が本を書く」と言っても、
    最近では劇団ひとりさんをはじめとした皆さんのご活躍で、
    「売れているからって、どうでもいいものを書き散らしている」
    と言うものだけではない、ことが証明されている。
    それでも当たり外れのある分野。

    この本は、当たりの方。

  • くだらないと思った。でも、それが良いと思った。

  • 電車で読んではいけない。

  • 読書と散歩が趣味の又吉さんの視点で見る東京百景。近所であろう公園から始まり、散歩を終えてアパートに帰ります。
    阿佐ヶ谷ロフト、BARルパン、神保町古書店街と、魅力的です。

全219件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

又吉 直樹(またよし なおき)
1980年、大阪府寝屋川市生まれ。お笑いコンビ「ピース」のボケ担当。第153回芥川龍之介賞受賞作家。2009年6月せきしろとの共著、自由律俳句集『カキフライが無いなら来なかった』を刊行し、これが初の書籍となる。2010年12月に続編である『まさかジープで来るとは』、2011年11月初の単著『第2図書係補佐』をそれぞれ刊行。
2015年1月7日に『文學界』2月号に初の中篇小説『火花』を発表し、純文学作家としてデビュー。3月に文藝春秋から『火花』が単行本化されて発売。同作が第28回三島由紀夫賞候補となり、第153回芥川龍之介賞受賞に至る。2016年にNetflixと吉本興業によってネット配信ドラマ化、2017年板尾創路監督により映画化された。
2017年、『劇場』刊行。2018年9月、毎日新聞夕刊で新聞小説「人間」を連載決定。

又吉直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

東京百景 (ヨシモトブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする