神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

  • ワニブックス
3.89
  • (154)
  • (123)
  • (78)
  • (34)
  • (18)
本棚登録 : 1628
レビュー : 150
  • Amazon.co.jp ・本 (509ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847092725

作品紹介・あらすじ

「幸せ」ってなに?誰も知らないその答えが、ここに。大人気自己啓発ブロガーによる待望の初著書。人生の価値観がぐるりと変わる実用エンタメ小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  とうとう私も自己啓発に目覚めてしまった……というわけではなく、この本、読む前は、「こんな本、だれがまともに読むかよ」と思っていたのだが、読んでみたらめちゃくちゃ良いこと言ってるわけである。内容も、上からものを言う感じではなく、会社での出来事とか、地に足を突いて、かなり事例検討みたいに書かれている。「こんなとき、どう考えたら、苦しまずにスルーできるか」の参考になる。
     いいなと思ったところを抜き出せば。。。


     現実はその人が信じた通りにしか見えない。

     生きていることが願いなら、すでに願いはかなっている。

     全ての原因は、自分で仕込んだ固定観念であり、それに一喜一憂しているに過ぎない。

     信じている事の反対側を信じれば、固定観念は消える。

     見えるものは不足だけ。充足は感じることはできない。

     悩んでいるのは実はどっちでもいい。どっちを選んでも幸せになれるということ。

     「悩みはたいしたことない」と気づけるまでが悩み、なのだ。

     嫌いな人は、お前が知らないことを一番よく知っている人ということ。あなたが知らないことを一番よく知っているのはあなたが嫌いな人である。

     どんな感情が起こってもかまわない。
     

     私は人を嫌いになることが多いわけだが、「知らないことを一番よく知っているのが嫌いな人」と言われたら、そうなのか……と、まったくそんなこと考えてなかったわと思った。こういう風に、自分自身を客観的にわかっていれば、ムダに悩んだり苦しんだりする時間を省略できるのでいいことだ。とくに、私は、人間関係のささいなトラブルでも、ずっと後を引くので、こういう本は、普通にありがたかったりする。あと、悩んでいるということは実はどっちでもいいというのも、確かに。

  • さとうみつろうさんと神様との
    軽快なやり取りが楽しい自己啓発本。
     
    楽しい中にも教えられることが
    たくさんあります。
     
    自分のこれまでやってきたことに対して
     
    『それでいいんだよ』
     
    という。
    それだけで、ふっと心が軽くなり、
    前に進める。
     
    悩んだときに読み返したくなる。
    そんな一冊です。

  • これはすごい。すごすぎて、それを伝えるのに何から説明していいのか全くわからないほど。

    最初にまず、「願いはすべて叶っている」という記述があり、そこから目からウロコな話が最後までいくつも出てくる。
    人の固定観念を変える話など、心屋氏の著書などで理解でき切れていなかったこともこれを読んで腑に落ちた内容が多々。
    ずっと知りたかったこと以上のことを知ることができた。
    情報量が多くてまだ消化しきれていないほど。内容が充実しているのでまだ何度か読みたい。

    それにしても、「神さま」といい「みつろう氏」といい、彼らは何者なのだろう・・・?

    私も瞑想の時間というものを持ってみようかしら。

  • Amazonの関連で見つけてレビューを見てたら欲しくなって読んだんですが、神様との対話になっていて、自分らの身の回りのことを具体的に例に出していてくれて且つ笑いが織り交ぜられてくれるところが、とっつきやすく分かりやすかった。

    ・この世界は相対性の世界。
    「なにか」「なにか」を比べることで始めて全ての位置が確定する。
    「自分は不幸である」と一度思わない限り「自分は幸せである」とは実感できない。
    悩んでいる時期と言うのは、人生の必須事項なのである。

    ・感情とは、あなたが信じている固定観念を知らせる為の警告音。


    ・固定観念とは、あなただけが信じる幻のルールである
    その固定観念を崩すには、信じていることの反対側を信じること

    ・顕在意識で「嫌い」だと思っていることの全てを、実は潜在意識では「好き」だと思っている
    例外なく全てがそう
    たいていの場合、自分の信じている潜在意識の意見は「他人」を使って言わせている
    どっちも自分の意見なのに、顕在意識の方の意見だけ支持している
    顕在意識のことを心理学では「エゴ」仏教では「自我」と言う

    ・「ない」ではなく「ある」を探す
    探せば身の回りに「幸せ」はたくさんある。誰でもどんな状況であれ絶対に見つかるから、それを見つけてみる
    これが中国の老子が言った「足るを知る」
    この「ある」を探し続けるクセが出来ればあっという間に現実は変わる
    99%の幸せに囲まれて、1%の不幸を探すのが私たちの傾向

    ・「後悔」とは過去の選択しなかったことを美化すること
    その選択したかった方と言うのは自分が体験してなかった仮説
    行ったこともなかった場所を「行けば良かった」と言うのは幻想
    だから後悔とは、自分が作り出したただの幻想なのだ

    ・自分たちは常に「周囲の人が自分をどう思ってるか?」を気にしている
    ところが宇宙の唯一の法則は「自分が周りをどう見ているか」だけ
    自分のことを悪く思ってる人はいない
    「悪く思っている人がいる」と思ってる自分ががいるだけ

  • 謎の老人、師匠、ガネーシャ等との対話形式で進んで行く「幸せとは?」を伝える本。さとうみつろう氏は「誰もが今、すでに幸せである」ことを言いたいようだ。わかってはいても、たまにこのような本を読むのもいい。喜多川泰氏の本に通じる部分もあるが、さとう氏のほうが今風のくだけた味を出している。

  • 神さまとのおしゃべり‐あなたの常識は、誰かの非常識。さとうみつろう先生の著書。自分の中の常識、非常識にとわれれることなく、多様性を認める。常識も非常識も関係ない。前向きなエネルギーをもらえる一冊でした。

  • 最初スピ本っぽくて購入を後悔しましたが、何事も捉え方の問題ってことが言いたいのだとすれば納得できるし、読みやすくて娯楽本として良い本だと思います。物語中、「なんでそれでこの人納得できちゃうわけ?!?!」ってところは多々ありましたが、頭使わず読む本としては良かったです。明日30日だし、神社行ってこようかなー。

  • さとうみつろうさんの自己啓発本。
    オーディオブックにて見つけ、評価が高かったため購入。

    人間の願いのすべては実はすでに叶っていて、その幸せさに気付くことが重要という内容。
    「今置かれている状況で満足すべき」という意味で、何となく仏教的な毛色が強いように感じた。

    全体的に宗教的な雰囲気が漂っていて、一つ一つが理論的に繋がらない部分が多かった。
    なので、自分としてはイマイチ納得できずに消化不良で終わった感覚…
    しっかりと理屈で理解したい人には合わないように感じた。

    「人生において、足りない点では無く足りている点を探すべき」という教えに関しては同感。

  • 最初は難しい哲学書より難しいわ( ´•௰•`)とそれでも読み進めてみたら

    かなりハマった(笑)

    足るを知る、ついつい忘れてしまうけど
    大切なことを思い出させてくれた一冊

    オセロのくだりは覚えておきたいʕ•ᴥ•ʔ

  • 現実なんてない。あるのは解釈だけ。その人が信じた通りに見えているだけの幻。

    宇宙はその人の希望通りで、信じることが現実になる。ところが、表層部分で願っている事とは別に奥の方で勝手に真逆の事を信じている「観念」がある。この観念の使い方で人生は大きく変わる。

    「地球が丸い」と信じたのは、「大人の言う事は正しい」と全てを信じていたから。「大人の言う事は正しい」と信じたのは、「私の周りには素晴らしい人がたくさんいる」と信じていたから。「私の周りには素晴らしい人がたくさんいる」と信じていたのは、生まれてきたこの世界の全てを信じていたから。こうして信じた観念が次の観念を創り上げ、それを繰り返して成長した。

    人生の3ステップ
    1.「全てが大丈夫」だと知っているからつまらない観念を無数に獲得していく時期
    2.「大丈夫」だという事を忘れてしまい、抱え込んだ無数の観念のせいで悩む時期。
    3.誰かに秘密の人生のルールを教えてもらい、理想通りの現実へと構築しなおしていく時期。

    自分の固定観念を知りたければ、目の前の「現実」を見る事。そこに映っているものは全てあなたが勝手に信じ込んだもの。

    悲しみの理由は目の前にあるその出来事ではなく、その出来事を「悲しいこと」と勝手に信じ込んだ自分自身。自分の固定観念だと気づけなかったのが愚かな人類の歴史。

    感情があふれる出来事が「現実」に起きたなら、それはチャンスだと思え。自分が信じ込んだ固定観念に容易に気づく時。その感情に同化せず、その感情を選択しているのが自分であると気付く事。次にどうして自分は怒っている(泣いている)のかと聞いてみる事。

    「意外」とは、自分で勝手に「意」を仕込んでおいて、その後「意」を「外」してびっくりしているだけ。

    感情を起こすのは、自分が勝手に仕込んだ固定観念、「意外の前の「意」」である。

    表層意識で「嫌い」だと思っている事の全ては深層意識では「好き」だと思っている。

    自分の信じている深層意識の意見は、自分がコントロールできない「他人」を使って言わせている。

    起こった出来事をに変えようとせず、その出来事をどう解釈するかを変えよう。

    人は嫌な事を考えるクセがあるが、「それならどうしたいの?」と聞くだけで嫌な事を考えるのを止められる。こうして方向を転換すると、最初に行動部分に焦点が当たるが、そこは手段なので意味はない。そして「結果どうなりたいのか?」を問い、「その時に感じるであろう感情を味わう事」がその人の本当の目的である。

    「幸せになりたい」と言う人は「私は幸せじゃない」と信じている。

    幸せな人がいるわけではなく、「幸せだ」と思っている人がいるだけ。

    人は目の前の現実以外は経験できないのに、「これ以外にしておけばよかった」と眼前の現状に不満を言う。その為に後悔があるのだが、そもそも両方を経験する事はできないので、後悔する意味はない。そして全ては真の自分が描いたシナリオ通りなので、あらゆる意思決定は最高の意思決定である。

    「現実」とは脳科学的には、「見える×聞こえる×嗅げる×味わえる×触れる」事であり、これを計算すると、
    0.0000001×0.0001×0.00001×….=0.000000000000000000000000001%。現実をコントロールする事など絶望的。だからこそ、自分の信じてない部分の方に正解がある可能性が高い。

    小さな自分(脳)の思い通りにしようと思わず、大きな宇宙を信じること。そもそも全ては真の自分の思い通りである。自分(脳)をこえた大きな流れを信じる事。

    脳内のデータを元に計算するという事は、「過去の経験」というとても少ない情報量から答えをだそうとする事になる。そんな脳の答えに価値はなく、心の感じるままに決めること。

    おまじないが効くのは、自分がどうしてそうなるのかが説明できない時。

    自分の右手と左手のじゃんけんからは何も学べない。
    何かを学ぶ為に「あなた」以外の存在がある。

    他人と知らない価値観を何度も交換し、多くを「知る」事が私達が生まれた理由。

    他人を褒めれば自分がどれほど幸せなのかに気付く。

    自分だけを応援せずに世界を見つめれば何も苦しまない。

    真の自分があらゆる選択を行い、肉体の自分がいるその風景を見ている。その目線に気づけば「現実」の全てが愛おしくなり、感謝の気持ちが芽生える。この感謝こそが究極の幸福である。

    矛盾を認める事。自分が何を言っても良いのだと認める事。最後の「イーンダヨ」の一言で全ての感情がポジティブに裏返る。

    この世はあなたの望み通り

    あなたの信じた事は全てが現実となる

    独自の固定観念を変える為には、信じている事の反対の事を信じる事。

    「想像」こそ人間に与えられた奇跡の能力。

    嫌な事を想像せずに、好きな事を想像する事。

    「それならどうしたいの?」と自分に問うクセをつける。

    悩みとは選択肢であり、どっちでもいいから悩む。そもそも最高の選択しかないのだから悩むことをやめること。

    あなたに起こる事の全ては完璧なタイミングで起こっている。

全150件中 1 - 10件を表示

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-のその他の作品

さとうみつろうの作品

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-を本棚に登録しているひと

ツイートする