俺も女子高生も絶対探偵に向いてない

著者 :
  • ワニブックス
3.67
  • (1)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (423ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847092923

作品紹介・あらすじ

世界で最もアンラッキーな探偵伊藤たけしVS世界で最もバイオレントな最凶集団。今回の相棒はなんとJK!?前作を凌駕する笑撃に刮目せよ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 続編があったら、また読みたいなっておもった。

  • 続編。面白かった。キャラクターの個性がいい。
    2015/6/28 読了

  • 今回もハチャメチャ探偵事務所。

  • 前作から新メンバーを加え、探偵業務をこなしていく主人公。
    先輩後輩といった関係から生まれる新たな感情。
    主人公が時に、光る言動を発することにより関心させられます。
    次回作⁉︎もあるのなら是非読んでみたいシリーズです。

  • ドMの元ニートのヘタレ見習ぃ探偵(主人公)と、
    ドSの美人探偵(先輩)による探偵お仕事小説の、
    第2弾ですね!

    今回は、
    ソフトSのギャル系JK見習ぃ探偵(後輩)が、
    加わってぇの、ドタバタな新展開でしたが…、

    基本、本シリーズは、
    ミステリーでも、サスペンスでも、ありまてん…。
    探偵事務所を舞台にした、コメディー小説です…。

    本作では、
    新キャラクターに、JKが加わったことによって、
    お話のネタと展開の幅が広がってはいましたが…、

    流行のユーモア・ミステリーではなぃ以上、
    お話にパンチ力が欲しぃところですが、前作同様、
    その辺りに特徴がなぃ分、可もなく不可もなく…。

    まぁ、愉快に楽しく読めれば、
    それで十分なんですけどね…。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1976年静岡県浜松市生まれ。中程度の引きこもり。ニートの現状を憂い一念発起して旅に出かけ、帰国後Webサイトで各方面の旅行記を発表。常識に囚われない独特の書き方が話題を呼び、トータル50万ヒットを超える人気サイトとなる。著書に「中国初恋」(幻冬舎)、「三国志男」(サンクチュアリ・パブリッシング)がある。

「2009年 『インドなんて二度と行くか!ボケ!! …でもまた行きたいかも』 で使われていた紹介文から引用しています。」

俺も女子高生も絶対探偵に向いてないのその他の作品

さくら剛の作品

ツイートする