竹中先生、「お金」について本音を話していいですか?

  • ワニブックス
3.32
  • (1)
  • (29)
  • (30)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 203
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847093166

作品紹介・あらすじ

稀代の実業家が、経済の第一人者に挑む!超満員セミナーを完全書籍化。日本の未来が丸わかり!究極のお金論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 竹中平蔵さんとホリエモンの対談を本にしたもの。タイトルにあるお金についての話題はそんなに多く無い。相変わらずのホリエモン節だけど、みんながみんな同じような生き方をできるわけじゃ無い。
    嫌な仕事なら辞めればいい、そんな簡単じゃないから人は悩みストレスと戦いながら生きていく。

  • 仕事

  • 縺??繧薙?√?繝ェ繧ィ繝「繝ウ縺ィ遶ケ荳ュ豌上→縺?≧邨?∩蜷医o縺帙□縺」縺溘s縺?縺代←縲∽ス輔※縺?≧縺九◆縺?縺ョ繝医?繧ッ繧キ繝ァ繝シ縺ョ隰帶シ秘鹸縺」縺ヲ諢溘§縺九↑縲
    縺薙?繝医?繧ッ繧キ繝ァ繝シ縺ィ縺?≧縺ョ縺ッ螟也ぜ縺ゥ縺」縺ィ縺薙?荳サ蛯ャ縺ァ陦後o繧後◆繧ゅ?繧峨@縺上?√%縺ョ譛ャ縺ッ縺昴l繧偵∪縺ィ繧√◆繧ゅ?縺?縺ィ縺?≧縲
    縺セ縺√Λ繧、繝匁─縺後≠繧区枚遶?縺ェ繧薙□縺代←縲√←縺?b縲梧擂繧九?阪b縺ョ縺後↑縺??
    譚ア莠ャ莠碑シェ縲√せ繝槭?縲∝慍譁ケ蜑オ逕溘?√ム繧、繝舌?繧キ繝?ぅ縲√♀驥代→縺?≧?輔▽縺ョ繝??繝槭〒讒区?縺輔l縺ヲ縺?k繧薙□縺代←縲√%縺ョ莠御ココ縺?縺」縺溘i縺昴?荳ュ縺ョ?代▽縺ョ繝??繝槭□縺代〒繧る擇逋ス縺??縺壹↑縺ョ縺ァ縲√ユ繝シ繝槭r邨槭▲縺溯ャ帶シ斐□縺」縺溘i濶ッ縺九▲縺溘s縺?繧阪≧縺ュ縲

  • ★4.0(3.28)2015年3月発行。うーん、再読。2年前に読んでいたみたいですね。竹中氏が言うようにに本当ホリエモンは異才の人物ですね。この時から家を持たず、ホテル住まいをし、様々なアイディアが湯水のようにでてきてますね。竹中氏が消費税5%から8%への増税を反対していたのは意外でしたが、来年の消費税増税は賛成なのでしょうか?2020年のオリンピックまでにVRやARで競技を目の前で見れるようになるかというとちょっと難しそうですね。また、その時までのタクシーの自動運転やJRの2階建て車両も厳しそうですね。

  • 寄贈本をカタログしてる際、気になったので借りて読んだ。面白いし、サクッと読める量で読みやすい。駅のホームを二階建てにする発想は面白い!凄い効率的だと思う。考えたことなかった。

  •  とても読みやすく、すらすら読めました。

  • いまの時代で必要なことは、
    「家に住む」ことをやめて、ホテルに住む。
    いやはや、実に大胆ですね。執着しない生き方だ。
    スマホが、社会的システムを変えることになる。
    地方創生は、規制緩和をすることである。
    政府は、クールビズのように雰囲気づくりをすることである。
    プロ野球、サッカーはなぜ日本では、成長しないのか?
    新規参入を認めない老害がある。
    お金とは 単なる指標であり、単位にすぎない。
    お金は ためたり、上場したりすることではなく、
    信用を確保して、やりたいことを明確にすれば、お金は集まる。
    嫌なしごとは、やめればいいのだ。
    ラッシュアワーをなくすことが、東京オリンピックまでに
    やる必要がある。
    基本的には、金ならなんでもできると言っていたが、
    お金に対するスタンスは意外と執着がないようだ。

    平蔵先生は、日本人は勤勉と言えず、貯蓄率も減少している。
    投資が重要な時期であり、
    金融投資のリテラシーをつくることだと言う。

    平蔵先生の主張に、一番実践しているのは、ホリエモンなんだね。

  • # RFIDがいまあついおれのなかで
    RFIDを知った。AmazonGO や、身近なところでは図書館で一括読み取りして入出管理できるチップだそうだ。なんでとっとと普及しないのかと思ったら、まだまだ課題が多いらしい。電波帯やら金属干渉による精度やらコストやら。しかし2000年代から技術開発が進められてるにしては、遅すぎないか?
    嫁の革鞄ショップの在庫管理に使ってみたい、、!!

    # お金が欲しい感情と向き合う
    お金はツールにすぎない。ツールでもってやりたいことがあるから僕は貯金とかほとんどないよ、とはホリエモン。
    ぐう正論だが、金銭的な安心は、僕みたいにひもじい思いをしてきた人間には、大きな自信にもなるのです。ツールとしてお金を動かせる程度に余裕を持った生活がしたい、というのは普通の感情では?「お金を儲けたい」感情にもいくつかフェーズがあるハズ。

    #宇宙開発”事業”
    宇宙開発が未来への投資っていうのは、移住とかそういう夢物語的なノリじゃなくて、もっと実用的で当然の経営指針であることに、以前何かで深く納得したのだったけど、思い出せない。あれはなんだったか。テスラ絡みのネット記事とかだったような。

    # ビットコイン
    ビットコインの説明をすごくざっくりと砕いて話してくれてるのだけど、結局空を切る場面を見るのは(読むのは)もう何度目か。興味なかったけどもやもやするからそれの本1冊読み始めちゃったわ。

  • 「お金は何かをするためのツールに過ぎない」
    まさにそうなんですけどねσ^_^;
    でもやりたいことがあってもお金がないからできないとか
    もっと根本的に生活に困ってるとか
    じゃなかったら究極的にそうなのかもしれません。

    この本は規制緩和が中心です。
    スポーツや農業や宇宙、税金まで。
    外国人の土地取得にも言及されてますが全部バツにするのではなく法律で規制していくという規制緩和一辺倒ではないのがよかったかなと思います。

    この本でお金は信用の指標と仰ってます。
    確かに物を買うとき価値と価値を交換する時に必要な単位と言えます。
    僕の中でお金って何かと考えたらやっぱり働いた結果なのかなあと。
    信用の積み重ねとか感謝を集めたものとか色々言い方もありますが僕個人としては働いた結果かなと思います。
    もちろん著者の仰る不労所得も否定しませんしアタマに汗かいて稼ぐのもカラダに汗かいて稼ぐのも同じやと思いますから。

    今の職業の性質上頑張ったら頑張っただけ増えるというものではないんですよね。
    本当は人生後半戦で勝負できる知識技能を手に入れたかったのですがσ^_^;
    キャリアプランの変更を余儀なくされたのではてさてどうしたものか。
    不労所得については今後考えるとして。

    まあこの本は移民をはじめとして同意できるところが少なかったのですが少し感想を書いてみました。

  • 堀江貴文さんと、竹中平蔵さんのお二方の考え方や思考が対談を通じて明らかになっていると感じました。
    トークテーマに基づいて、2人が独自の解釈で解説や意見を述べている点が面白く、斬新な視点が多く良かったです。

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1972年、福岡県八女市生まれ。実業家、株式会社ライブドア元代表取締役CEO、SNS media&consulting株式会社ファウンダー。宇宙関連事業やオンラインサロン運営、作家活動など幅広く活動。

「2020年 『スマホ人生戦略 お金・教養・フォロワー35の行動スキル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀江貴文の作品

竹中先生、「お金」について本音を話していいですか?を本棚に登録しているひと

ツイートする