収納アドバイザーがこだわりぬいた ずっと美しく暮らすシンプル収納の家づくり (正しく暮らすシリーズ)

著者 :
  • ワニブックス
2.91
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 50
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847093333

作品紹介・あらすじ

低コスト・少ない収納で生活効率100%!片づけストレスのないお家。暮らしにくい家から効率いい家へのノウハウ全部見せます!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この人とにかく物持ちで、わたしより服も靴もバックも相当数溜め込んでました。笑笑しかも、整理収納アドバイザー。笑笑いや、綺麗に溜め込んでるんだけど、ものを減らしてスッキリ生活とはだいーぶ程遠い気もする、、、中古物件のリフォームも元々の家がすごく個性的で、参考になるんだかならんのだか?

    多分この人が美人だから出した本なんだろうな。と思う整理収納本でした。

    美人な整理収納アドバイザーだからこその本。美人。そう、美人ね。整理収納アドバイスじゃなくて、美人主体ね。

  • 玄関にカッターナイフ

  • 中古住宅を買ってリフォームする時には参考になりそう。

  • 家づくりの参考に

    写真がいっぱいでわかりやすい

  • ちょっと自分の趣味とは違ったので☆2つ。
    他の本で知っているような内容が多かった。

  • サラッと読んだ。もう売る。おうちドキュメンタリーで、具体的な記述が多くて楽しい。

  • 築18年、2階建て3LDKをリフォーム。収納場所を減らしてゲストルームや仕事部屋も新設、ものに振り回されないようシンプルにして、暮しやすく美しさを維持できるようにした。

    工夫されていて素敵だとは思いますが、beforeを知らないので、afterの本当のポイントが読み取れなかったかも。家の中だけでなく、外も見たかったです。

  • 2015年6月21日読了。収納アドバイザーの著者が、購入した物件を収納にこだわりリフォームした実例を解説する本。キメッキメの顔で写真に顔を出す著者(けっこう美人)が自慢するだけあり使いやすそうかつシンプルなリフォームで、ビフォアアフターの写真もあり結構参考になる。「家族の銅線を考慮し、よく使うものを使う場所の近くに収納する」ルールは是非取り入れたいし、壁全面で背の高さまである収納や通路突き当りの収納はマネしてみたい。また、死角が生まれるウォークインクローゼットの使いづらさは同感。収納をとにかく多くしていたずらにモノを増やすのもおかしいが、とにかくモノを捨てる、というのもおかしいもの。今の生活がどうなっていて、どう生活したいのか?ということを家族全員で考え続け、それに合うよう家をカイゼンしていくことが大事だな。

全8件中 1 - 8件を表示

収納アドバイザーがこだわりぬいた ずっと美しく暮らすシンプル収納の家づくり (正しく暮らすシリーズ)のその他の作品

西口理恵子の作品

ツイートする