ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

著者 :
  • ワニブックス
3.68
  • (123)
  • (183)
  • (172)
  • (47)
  • (9)
本棚登録 : 1768
レビュー : 209
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847093463

作品紹介・あらすじ

モノを最小限に減らすミニマリストという生き方。常識にとらわれない豊かな暮らし。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ただ生きているだけで楽しくなってしまった」

    素敵。自分もそうなりたい

  • モノの量と幸せは比例しない、とはいい言葉である。幸せとは何か?を考えるきっかけとなる。

    2016/10/30 読了11

  • 読了:2016/2/28

    ぼくたちにもうモノは必要ない

    p. 116 モノがないので「散らかる」ということ自体が起こらない。

    p. 142 「365日のシンプルライフ」のように、すべてを貸倉庫に預け、1日1つのモノを取り出せる、という暮らしをするとしたら何から取り出していくか?

    p. 200 固定された家に住むことのリスクは年々高まっている。モノが少なければどんな住まい方も選択しやすい。

    冒頭のモノのない部屋の写真と、捨てるリストは面白かったが…その他のところは「こいつ半分寝ながら書いてんのか?」というくらい取り止めもなく色々な方向へ行く。犬も寂しければうつ病になる、増え続ける自殺者、本棚を自分だと思い込んだぼく…。

    p. 220 「無理めの女の子に思いを伝え、付き合えた。」ミニマリズムの好循環の一つらしいんだが…。まるで女にはランクがあって、ランク上の女を入手することが自分の価値を上げてくれるみたいに思ってそうだな。モノに執着するな!と言いつつ、他人すらモノと同じに考え、モノを手に入れることに執着しているじゃん、と思った。

  • これからのマイプロジェクト、これだ!と確信を持てた1冊。自分なりのミニマリストになるべくトライする=自分のこと、フラットに見つめる作業。ワクワクしてきた。早速今日から始動します。

  • 足りることを知る。
    大切にできるモノの数には限りがある。
    本当に必要かどうかをモノに問う。それこそが自分向き合うということ。

  • モノを得ることで幸せになる、と思っていた著者が、ミニマリズムによって幸せになれることに到達した、その極意をわかりやすく記載してる。無駄な記述が多いけど。

    ただ、私は”モノを得ることで幸せになれる”とは思っていないし、慣れたら飽きるという性分でもないので、共感はしなかった。欲しいものを手に入れると飽きる、するともうワンランク上のものが欲しくなる、飽きる、その繰り返しはエンドレスだという。そんなことないけどな。慣れて飽きるなんて、そもそもそんなレベルの愛情だったということだと思う。きっと、浅く広くという趣味の持ち主なんだろう。(フィルム写真に対するこだわりがあるようだったけれど、別れられるモノなら深い愛とは言わないのだ。)私は深く狭くなのでミニマリストは自分のスタイルじゃないなと自覚した。それに、美しいモノをめでる、違いを楽しむ、というのは生活を潤すのではと思う。

    とはいえ、こういう片づけ本を読むと、部屋を片付けたくなる。ああ、AはBと同じ用途だから、ときめかない方のAは処分しよう、と改めて思えたのが、1つの収穫だった。

    ・・・本の後半を読み、人のモノへの執着や解釈には共感しないものの、なかなか参考になったので、☆3つ。

  • 参考になりました。人間は50000年前のハードウェアってところにはなるほどと思い、余分なことは入れたくない、それでいっぱいにしたくない!と思えた。この本を読んでとにかく思ったのは、目の前にあることに集中すること。思えば私は、いつかくる未来についてばかり思いを馳せたり、過去のことを考えたりしてばかりで、今の自分が何を見ているのか、何を感じているのか、どんな気持ちなのか、わかってなかった。未来のことはいつかは今になり、それが過去に考えていた通りになんてならないことは何となく知っているのに、どうして大切な今について忘れてたんだろ‥そのためにも余分なモノからのエネルギーは受けない!その学びは、この本を読んで良かったなと思えるものでした✨

  • 友人に勧められて借りた。凄く面白かった。自分の物を一気に断捨離した経験のある自分には、とても納得できる事が多かった。他の断捨離本と違い、理論がきちんと書いてあるので、物を捨てる意欲が上がって、大変良い本だと思う。2016.1了読

  • 物を持つ喜びもまだまだあるのでこうは考えにくいなぁ。でも何かヒントにはなるか。

  • 物欲のかたまりのに自分を振り返る機会になった。物に執着する事で、思考が煩雑になり、ストレスにより太るというのは何かしっくり来た。捨てたい捨てたいが、すぐには思い切れないのも性分なんだよ

全209件中 1 - 10件を表示

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -のその他の作品

佐々木典士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミニマルライフ研...
又吉 直樹
宮下 奈都
佐々木 圭一
村田 沙耶香
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -に関連するまとめ

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -を本棚に登録しているひと

ツイートする