無意識はいつも正しい

  • ワニブックス
3.06
  • (6)
  • (13)
  • (32)
  • (9)
  • (6)
本棚登録 : 341
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847093852

作品紹介・あらすじ

脳の90%を支配する「無意識」を使いこなせば、誰でも100%「正しい答え」が導き出せる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 易しい文章で読みやすかった。

    心と体は2つで1つ。

    自分の感じることを無理矢理抑え込んだり、
    自分ですら気付いていない思い込みに支配されたり、
    昔のことや先のこと、周りのことを考えすぎて不安になったり、
    自分の「善・悪」の判断に左右されたり…
    私はよく、こういうことから気持ちも体も揺らぐ時があるなぁと気付かされました。

    印象に残っているのはこちら。
    (以下、引用文)

    ・あなたが『不安』や『悩み』を悪いことだと思うのも、『楽しい』や『嬉しい』を良いことだと思うのも、幼少期からの善悪観念があってジャッジしているからです。
    何を基準にして良い・悪いと言っていますか?
    あなたがあなた本来のチカラを発揮するには、この良い・悪いのジャッジではなく、それが“必要”か“不必要”かに意識を向けることです。

    ・どんなことも乗り越えて今日までやってきたことや、不安や心配でさえも「良し良し(全て良かったこと、良かったこと)」と言って肯定してあげて、その存在を許してあげてください。

    ・決して新しい自分になる必要はありません。
    あなたは元から誰にでも備わっている「無意識の声」にただ耳を傾けるだけでいいのです。

  • 黄色、黄色、黄色と念じればレモンだ!
    潜在意識には、否定形はない。
    何をしても何を見ても、幸せだな〜も習慣。
    今から数時間後の幸せなやうれしさを想像する。
    お金のデザインを書く事できる?
    人へのごちそう、余裕と喜びの表現

  • 無意識という大きな力を使おうという趣旨。
    たいそれた話ではなく、日常生活において、ちょっと意識しておけばもう少し楽に生きれるよ。という内容に感じた。

    十数個の具体的なメソッド(取り組み)で、無意識を味方につけよう。いくつか実践してみたいメソッドがあった。

  • 幸せになることを無意識に考えられるようになると幸せになれるよ。
    みたいな、自己啓発の本。
    自分を信じて愛してあげるのが大事だと。

  • 最後の方で「あ、これ自己啓発本だったのね」と気付いた(著者が言っていたので笑)。

    無意識って何? どうやって活用するの?
    と疑問を持ちながら読んだけれど、消化不良気味…。

    ただ、呼吸で無意識を感じるメソッドはしてみようかと思います。

  • 427

    2017年では61冊目

  • 正直ちょっと期待外れかな?
    もっと突っ込んだ?内容かと思っていたが、
    読み進んでいくと普通の自己啓発本のような・・

  • 意識と無意識、潜在意識と言われる事について、著者の体験を踏まえて書かれていますが、内容としては読みやすい印象です。本人の意識する部分について焦点が当てられている感じですが、あとは読者がどのように捉えるかだと思います。この手の内容は、読んですぐに効果が感じられるとは言えませんが、文章の合間には体験出来る話が書かれているので、それを真似てみるのも良いかもしれません。

  • 足の親指に力を入れる

    ほんのちょっと先の幸せをイメージする

  • 心の問題を心だけで解決をするのではなく、心と体は対になっているという点から、体を心地よくすることで心も心地よくしていく(逆に、心を心地よくすることで体も心地よくなっていく)という視点。安田隆さんの「波動干渉と波動共鳴」に一部つながる主張があると思う。

全24件中 1 - 10件を表示

無意識はいつも正しいのその他の作品

無意識はいつも正しい Kindle版 無意識はいつも正しい クスド・フトシ

クスド・フトシの作品

無意識はいつも正しいを本棚に登録しているひと

ツイートする