断捨離パンダのミニマルライフ

著者 :
  • ワニブックス
3.25
  • (1)
  • (5)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :74
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847094323

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 漫画と文章のバランスがよく、
    読みやすいです。
    無理やりな感じてはなく、
    私はこうだったよ~とふんわりと
    ミニマリストのことを紹介しています。
    自分のできるところから、無理のない範囲で断捨離し、
    ミニマリストに近づくことが書かれています。
    緩い感じでありながら、
    誰かの基準でなく、
    自分にとって本当に必要なものを見極めることを推奨しており、
    生き方を見直し、日々成長していこうという気持ちにしてくれる本でした。
    ちょっとずつでも断捨離していきたいな、と思いました。

  • 図書館にて。
    断捨離できないくせに断捨離本を読むのは好きな私・・・。
    絵が微妙で読みにくいけれど、漫画の部分と文章の部分と両方あってわかりやすいといえばわかりやすかった。
    断捨離とは部屋をきれいにするというだけではなく、精神的な変化というのはどの本でも変わらない気がする。
    早急には変われないけれど、いつも心がけてゆっくり自分も変わっていけたらいいと思う。

  • こう、片付け系の話を読んでて思うのは
    家族とか、友人、恋人に恵まれている人が多いなってこと。

    マンガの隣に同じ内容のもう少し詳しい内容の文章。
    さらっと読める。

  • この本が悪いんじゃなくて、既に物も少なく暮らしているので、もうこういう系統の本は読まなくていいんだなって思った。

  • 掃除も片付けも苦手だった著者がミニマリストになったなら。

    断捨離をすることでどのように生活が変わっていくかがよくわかります。

    コミックエッセイなので最後まで楽しく読むことができました 。

    ミニマリストというのは物を持たない生活ということではなく本当に必要なものだけを持つという生活なんですね。

    とても面白かったです。

  • 絵柄も含め、とても庶民的に断捨離ライフが書かれているので、断捨離初心者や若い方にはいいのかも。右頁が漫画で左頁がその解説になっているが、ほぼ重複しているので、くどくどしく読みにくい。断捨離をするだけでは、素敵な理想の空間にはならないんだなという勉強にはなった。

  • 定期的に読みたくなる断捨離本。「これは自分に必要なんだろうか」と問う作業ってだんだんクセになるし、自分の身の回りのものがピターっと好きなものだけになるのってすごく気持ち良い。最近、洋服が増えて来てしまったので、また見なおさねば。
    この本は、マンガと文章で成り立っているけれど、ほとんど同じことを言っているので、マンガだけ読めば十分。

  • 絵が好き。共感できる。気づくと物が溢れて頭の中もごちゃごちゃしだす私には、この本が必要。たまに読み返して身辺整理を心がけたいなぁ。

  • 半ページ漫画のエッセイ集。
    汚部屋の人が離婚して、現在の幸せな生活を手に入れるまでの実録のとか、あるあるネタとか。
    どんな風にやってきたのか。っての。

    自分の大事なモノを大切にしたいからその他の物を減らすって考えた方とか。
    割と無理しなくていいよってのと、めんどくさがりとか、ものぐさ、ずぼらな人ほど向いているよって話。
    片付けしたくないから物減らしてんだよってのが印象的。

  • 汚部屋からミニマリストへの道のりや現在のスタイルを紹介。漫画とコメントページの見開きをトピックごとに掲載。読みやすくはあるけれど、少し自分には合わなかった。(でも素敵な人生だと思う)

全12件中 1 - 10件を表示

断捨離パンダのミニマルライフのその他の作品

おはぎの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ちゃくま
又吉 直樹
米澤 穂信
恩田 陸
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする