ヤバすぎる心理術

著者 :
  • ワニブックス
2.88
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847094835

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・相手の本音を引き出すには「実は・ここだけの話」と前置きして自己開示→返報性の原理が働き向こうも本音で話すようになる

    ・認知的不協和を使い、一瞬で心を掴む→例えば「不真面目な方が人生うまくいくよ」→一般論と逆なので興味を惹かれる

    ・短期間でラポール構築するには→共通点を見つける、共感を得る→相手が知らないことで力になる相補性の原理→「実は」を使った本音の自己開示で親密になる

  • 心理術の具体的な事例が多く載っている本。
    どんなシチュエーションや背景のときといった前提はあるが、
    判断の基準として知っておくことで相手の心理が理解出来る。
    知っていることもあるけど、基本的なことを学ぶには十分。

    ただ、「ヤバすぎる」はちょっと誇張したタイトルかと。

    【勉強になったこと】
    ・本音を聞くために、わざと間違った話をするのも効果的。
     これは、つい訂正しておかなくてはといった心理を突いた
     もの。

    ・潜在意識は「快・不快」に敏感であり、
    「快」を刺激すると自発的に活動するようになる。

    ・男性は結果、女性はプロセスを褒めるとよい。

    ・多勢に無勢の状況では、あえて多勢に入り込んで、
     とはいえもう一方のココがよいと思うがどうだろう?
     といった話し方をすると、反発されにくい。

  • 実践的でかつ納得できる心理術のノウハウが詰まっている!
    内容がそこまで難しくなく、読みやすい!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

神岡真司(かみおか しんじ)
ビジネス心理研究家。
日本心理パワー研究所主催。
最新の心理学理論をベースにした法人対象のモチベーションセミナー、コミュニケーショントレーニング、
人材開発コンサルティングなどで活躍中。
世の中の「裏側」研究をライフワークとしている。
主な著書に『ヤバい心理学』(日本文芸社)、『10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート』(永岡書店)、
『面白いほど雑談が弾む 101の会話テクニック』(フォレスト出版)、などがある。

「2018年 『仕事が思い通りになる!ほめ方心理術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヤバすぎる心理術のその他の作品

ヤバすぎる心理術 Kindle版 ヤバすぎる心理術 神岡真司

神岡真司の作品

ツイートする