ブサイク解放宣言 - 見た目にとらわれない生き方のススメ - (ヨシモトブックス)

  • ワニブックス
3.75
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847094934

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何度笑ったか分からない

    自身のコンプレックスを全て主張に変えるその在り方は
    まるでロックンロールだった

    人は誰だって 自分の中にある弱い部分を出すのが怖い
    見た目でもそう 鏡を見なければ見えない
    見えなければ ないのと同じ

    そんな逃避にとっての 壁のようで

    持っていないことが悪いのではなくて
    持っていないことを認めないことが 全ての始まりなのかもしれない

    自分を認める という一言で言えば 簡単かもしれない

    ただ そのために費やした葛藤や 苦しみや
    経てきた 悲しみや 諦めは 明るくはないけれど

    辿り着いた勇気と覚悟は とても眩しいと 思った

    自分を信じる
    卑屈にならず 腐ることもなく
    卑下することなく でも 慢心することなく
    足らないところを認めて 生きていく

    この社会で生きていくには 戦略と戦術が要る
    椅子を賭けた 生き残り戦略が 要る

    人は人との間に生きていくことを 選んだのだと思う
    だから 居るべき場所を持たなければ いけないのだと思う

    一人であるとしても 独りであるとしても

    自分であるということを 笑いながら
    泣くように 考えた

    信じることはできるだろうか
    鳴くように 歌えるように

    誇りというのか
    矜持というのか

    信じるということが とても難しいと 思った

  • やしろさんの語る愛はいいね

  • 美人に生まれてたら、もっといい人生だったんだろうな〜
    そう考えずにはいられないほど、世の中って見た目で決められてしまいますよね。

    でも自分を変えることで、ブサイクでも幸せに生きていけるのだということを、この本は教えてくれています。

    「愛する人の為に泥をかぶる」のくだりは泣けてきて、「この人好きだわ〜」って心底思いました。
    作者は見た目は確かにブサイクだけど、心が男前です。

    もしも30年前にこの本を読んでたら、私の人生は確実に違ったものになっていたと思います。
    生き方の指南書として、
    ブサイクの方はもとより、
    そうでない方々にも、
    是非読んでみていただきたいです。
    読み終わった時から、人生が変わります!

全3件中 1 - 3件を表示

マンボウやしろの作品

ツイートする