糖質をやめられない オトナ女子のための ヤセ方図鑑 (美人開花シリーズ)

著者 :
  • ワニブックス
3.35
  • (0)
  • (8)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847095610

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • *ダイエットに根性論は一切不要。糖質を食べ続けてヤセる方法だってある。『オトナ女子のための食べ方図鑑』の続編。糖質を食べてOKなのに2ヶ月で-10kgヤセられる極意*

    これまでの、極端なまでの低糖質路線に無理が生じたのかな?とやや意地悪目線で見てしまいますが…とにかく、今作は至極真っ当なダイエット本に仕上がっています。
    要は「運動するなら糖を摂れ、糖を摂るなら運動しろ、運動しないなら糖を摂るな」ってことなのですが。そもそも一ミリも運動しないで痩せるなんて不自然極まりないので、最近の著書の中では一番共感出来る内容でした。
    まあ、開脚はダメとか、腹筋やプランクは無駄!と言い切っちゃうあたりがまた極端ですが、壁付20秒ダッシュは使えそう。インパクトある内容にしたい気持ちはわかるのですが、せっかくの豊富な知識、言いっ放し形式ではなく、もっと深堀して解説して欲しいです。もったいない。

  • ドSな著者の発言は説得力がある。干しいも早速食べてまーす!

  • 2017年62冊目

    ダイエットを頑張る女性を小馬鹿にしたような挿絵がいちいちイラっとくるかもしれませんね。いないだろこんなヤツ!みたいなのが多い。

    内容は普通。

  • 前作に続いて読みました。
    脂質×糖質はタブーというのは頭ではわかるけどなかなか難しい。
    運動の仕方に踏み込んでいたのがよかった。参考にしたい。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1982年生まれ。フィットネストレーナー、ピラティス指導者、整体師、美容矯正師。大手フィットネスクラブを経て、2009年『rinato』(加圧トレーニング&ピラティス)を東京・恵比寿にオープン。トレーニング至上主義のフィットネス業界に疑問を感じ、栄養と運動の関係を学びながら理想のカラダをつくるための指導を行っている。ファッションモデルや女優など著名人の支持を集め、テレビ・雑誌など多くのメディアで注目されている。

「2017年 『運動効果を最大限に引き出す 最強の食事』 で使われていた紹介文から引用しています。」

糖質をやめられない オトナ女子のための ヤセ方図鑑 (美人開花シリーズ)のその他の作品

森拓郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
ピエール ルメー...
恩田 陸
柚木 麻子
三浦 しをん
宮下 奈都
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする