教養としてのロースクール小論文〈上〉自己責任と資本制

著者 :
  • 早稲田経営出版
4.67
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (531ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847127748

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自己責任・自己決定を柱にいろんな問題を考察している。
    自己決定VSパターナリズム
    ロールズの「無知のヴェール」⇔ノージック リバータリアン
    議事録だから読みやすく、勉強になった。

  • こういう考え方があったのかという思考を幾度となく繰り返させられる読み物。肯定と否定から生まれる議論より結論を導き出そうというプロセスの本質がよくわかる。考えるということはどういうことなのか。時事問題的な事柄ももちろん深まるけれども物事の本質的な側面を捉えると言うことを改めて考えさせられる。とにかく思考を鍛えられる。良書。要再読。

  • パターナリズムとコミュニタニズムについてや未成年の人権、経済と人権の関係等をロースクールの過去問を題材に論じたもの。


    口語口調で読みやすかった

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1959年生まれ、神奈川県生まれ。早稲田大学法学部卒業。「みえない大学本舗」主宰。著書に『試験のための政治学』(早稲田経営出版)『ニセ学生マニュアル』『[逆襲版]ニセ学生マニュアル』『ニセ学生マニュアル[死闘編]』(以上、徳間書店)『天使の王国──「おたく」の倫理のために』(宝島社)。

「1993年 『澁澤龍彦の時代 幼年皇帝と昭和の精神史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浅羽通明の作品

ツイートする