教養としてのロースクール小論文〈下〉正義と実力と「世間」

著者 :
  • 早稲田経営出版
4.17
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (404ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847127755

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なるほどーと頭がクリアになる本。
    「might is right?」(力は正義なり)か?
    自然法主義と法実証主義(正しい手続きでつくられたものはすべてOK?)
    専門家は手段なのであって目的を語るべからず。
    読みやすく、面白い。

  • 上と比べて難易度や課題の抽象度が上がったと感じる。より考えの深度が高まるといった感想。要再読

  • 第4章では、実力と正義の話。

    まずは、法律の根拠論を述べ、次に国際政治について。


    第5章は、法と道徳の話。


    第6章は、専門家と素人について


    全体を通してロースクールの過去問がたくさん載っておりわかりやすかった

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1959年生まれ、神奈川県生まれ。早稲田大学法学部卒業。「みえない大学本舗」主宰。著書に『試験のための政治学』(早稲田経営出版)『ニセ学生マニュアル』『[逆襲版]ニセ学生マニュアル』『ニセ学生マニュアル[死闘編]』(以上、徳間書店)『天使の王国──「おたく」の倫理のために』(宝島社)。

「1993年 『澁澤龍彦の時代 幼年皇帝と昭和の精神史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浅羽通明の作品

ツイートする