リコウの壁とバカの壁

  • 本の雑誌社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860110314

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 女性は婉曲に要求する。

  • 養老孟司の『バカの壁』が爆発的なヒットを記録したころに書かれた、反『バカの壁』本。
    養老先生の思考パターンと著書のクセを読み取り、「愛情あふれる(?)」批判をしている。「なるほど、確かに」とニヤリとしながら納得してしまう。
    椎名誠のかつての、ボロアパート同居仲間だけに、人間性のおもしろさもにじみ出ている。
    『バカの壁』が発刊されたときには一読して、わかった気になっていたが、改めて読み直した方が良さそうだ。自分の読みの浅さも痛感させられた。
    ただ、後半の、木村先生の提言については「ん?」と思う部分もあったので、★三つの評価。

  • 05/07

    養老孟司に挑戦、北朝鮮問題など

  • 養老さんの300万部売れた「バカの壁」を凡人にでも解釈出来るように解説されています。矛盾点の指摘についても頷けるものがありました。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする