青木るえかの女性自身

著者 :
  • 本の雑誌社
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860110352

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 目次を見ればエロネタ。そして中身もエロネタ。良く見りゃ題名もそうか。しかし何を隠そう、書評本である。「本の雑誌」でも現在書評連載中の著者、つい最近は「回転扉の三島由紀夫」について書いておられた。本書にも三島や堂本正樹、中井英夫などがそこここに登場しております。しかしですね、途中から競輪とOSKの話題で埋めつくされるようになってからが、実は断然面白い。三浦しをんも妄想系エロについて語るが、青木るえかはそれに身体感覚をプラスして語る。それは、その感覚を識るものには堪らない。足裏がもぞもぞしてくるぞ。

  • 914.6/Ao

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1962年、東京都生まれ。書評、競輪・競馬のエッセイなどで活躍中。「週刊朝日」「週刊文春」にコラムを連載しているほか、「スポーツニッポン」(大阪版)で競馬の予想コラムを執筆している。

「2008年 『OSKを見にいけ!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青木るえかの作品

ツイートする